ビジネスで結果を出すために、必要な2つの心構え

ビジネスで結果を出すために、必要な2つの心構え

こんにちは。日本一!日本で唯一!に、こだわりまくる世界を冒険するマーケター山下裕司です。

ビジネスで結果を出すには、どうしたらいいか?行動できなくて悩んでいる方からご相談を頂きましたので、大きく2つのことの対策について、回答しようと思います。気軽にブログでの回答を御覧ください。

ビジネスで結果を出すために、必要な2つの心構え

①:ある意味、気軽に、いい加減に商品を決める

大前提として、年商1000億円とか目指すのであれば、これは間違いです。しっかりと市場調査等が重要になるでしょうし、競合調査もしっかりしなければならないでしょう。しかし、未経験、かつ、スモールビジネスなので、このように教えています。

普通のものであれば、月商100万円ぐらいであれば、もっていけます。そして、月商100万円売れる方法を完全、完璧に分かるようになったら、売れるようになるわけではありません。なぜなら、売れる理由は、お客さんの中にあるからです。

なので、いくらダンプしたり、ワークしたり、「自分の中」から売れる理由を出そうとしても答えはでてきません。入っていないものは、出てきません。自分の中から出るとしたら「これをやる」という「決める」ということのみです。

そして、別にその商品を一生やるわけではないし、何もしないで経過する時間よりも、ある程度やりたいと思った商品を実際に販売して、学べること、身に付く経験、スキルの方が何倍も大きいです。そして、やればやるほど、自分のやりたいことも明確になってきます。

②:売れるように改善していく

ここがネットショップの場合だと「10割バッターを目指すのではなく、3割バッターを目指そう!」ということです。10個ビジネスを立ち上げて、2〜3個の成功を目指そう!ということですね。物販などではなく、サービスなどの場合は、特に最初は、1つに絞ることは多いと思いますが、売れる理由は、自分の中ではなく、お客さんの中にあります。

売れる理由をお客さんの中から探し出して、それをブログや販売ページに反映していきます。すると商品が売れるようになっていきます。その経験値が蓄積されてくると、次はその精度が上がってきます。なので、一度、100万円売れるようになると、次の商品は少なくとも数十万円は売れるようになってしまいます。一度、数千万円売れるようになると、数百万円は売れるようになります。

自転車と同じで、一度乗れるようになると、その力は一生モノです。ビジネスは、スポーツによく似ていると言われます。例えば、テニスがうまくなりたいとします。ものすごく教則本を読み込んで、完璧にマスターしようとして、一切ラケットを振らない。それだけでボールをうまく打てるようになると思いますか?

クロールで泳げるようになりたいとします。ものすごく教則本を読み込んで、完璧にマスターしようとして、一切泳いでみない。それだけで泳げるようになれると思いますか?ライトな軽い気持ちでビジネスネタやサービスを決めてみてください。

売れる商品を見つけるのではなく、売れるようにしていけば、100万円ぐらいは売れるようにできます。そして、そのスキルが身につくと、あなたの可能性は何十倍になります。実現力が非常に高まります。

速く動こうと思うな、速いと知れ!

映画「マトリックス」に「速く動こうと思うな、速いと知れ!」というセリフが出てきます。まさにこれです。たとえば、「月商100万円」が「すごい」と思っているということは、暗示的に自分には「難しい」あるいは「できない」と思っているということであり、その思考が、ただただ現実になっているだけです。しかし「月商100万円なんて、大したことないことだ」と理解できると、それが現実になります。

映画だから、「単なる物語だろ」と思うのも良いのですが、世界的にヒットする映画には、真実が隠されています。そして、映画は現実の模倣です。現実の世界を真似して映画にしています。その真実が隠されているから世界的にヒットするんです。そして、現代は、映画や小説などにしか、真実を書けないようになっているのだと思います。

アメリカのハリウッドスターである「アーノルド・シュワルツェネッガー」も同様のことを言っています。「限界を決めるのは心だ。心が何かをやれると思い描き、自分がそれを100%信じることができれば、それは必ず実現する。」

最後に

日本人の多くの人は、月収20万円は「当たり前」と思っていると思いますが、世界的に見ると、その金額は大金持ちの部類に入ります。世界の金持ちTOP1%に入ります。しかし、「当たり前」と思っているので、それが現実になります。自分の「思い込み」や「常識」を書き換えるのに一番素晴らしい方法は、あなたが得たい結果をすでに得ている人とできる限り多くの時間を過ごすことです。

あなたの無意識に働きかけて、あなたを変えてくれます。そして、自分と違う考え方があったら、それを取り入れることです。あなたの力になれたでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください