見せれば売れる「会社事典」とは?

見せれば売れる「会社事典」とは?

はじめまして。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

webマーケティングを13年ほどやってきて思うのですが、企業のホームページを見て、その会社の事が分からないことがあるって、おかしくないでしょうか?なぜ、ホームページを見ても会社の商品や技術や品質など、わからないのでしょうか?

企業ホームページのあるべき姿は、そのホームページを見るだけで、会社の全てが分かることじゃないでしょうか?そうすれば営業マンも少なくてすみます。営業はホームページだけで済むということも可能です。

今日は、はじめてこのブログを見て頂く方のために、会社事典のことを書きました。なぜこのサービスを始めたのか?そのきっかけとなったことなど。このブログを初めて来られたあなたは、ぜひこのページを御覧ください。

見せれば売れる「会社事典」とは?

「会社事典」とは何か?

「見せれば売れる会社事典」は、webサイトで新規開拓や新規集客したいが、自社の強みや魅力を上手くアピールできずに、営業活動や集客活動が行き詰っている小さな会社の社長や個人事業主の方のために向けたサービスです。

製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスを可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。お客さまが、あなたの会社のことを知りたいとき、ホームページを辞書のように見て調べて、会社のことや、商品のこと、設備や材料のことや、作り手のことを理解できるようにします。

会社事典。つまりどういうこと?

企業のwebサイトで「信用と実績」を見える化し、自社商品やサービスを誠実に、確実に知って頂き、顧客を説得する。これほど有効な方法はないでしょう。

誠実に仕事をして、お客さんからのたくさんの声も頂ける。でも、広告にお金もかけられないため、社会的にはなかなか認知されにくい。それによって、自社の魅力や強みがお客さまに上手く伝わらない。ブログ記事を書く上で、どうすればwebサイトの向こう側にいるお客さまに信用してもらえるのか?そんな悩みを持つ方のためのものです。

事典とは「事物や事柄を表す言葉を集めて一定の順序に配列し、解説を施した書物」です。あなたの会社の商品やサービスの技術や品質を、自社サイトにまとめて、動画や写真を入れて解説していくものです。

中小企業がwebサイトを作る目的は「売上UP」以外ありません!

中小企業がwebサイトを作る目的は「売上UP」です。認知度アップなんて言っている中小企業はやばいですよね。中小零細・個人事業主がwebサイトを作る目的は、少なくとも年間一億円を生み出すスーパー営業マンを作るためです。普通の営業マン並みの営業成績ではwebサイトを作る意味がありません。

スーパー営業マンだったら、どんな営業するでしょうか?商品のことや社内の技術や品質のことも知り尽くしているでしょうし、社内のこともお客さまのことも知り尽くしているでしょう。何でも知っているはずなんです。だから会社事典のような営業マンのはずなんです。

そもそも商品や会社のことを全て知っている営業マンが居るのだろうか?

あなたの会社のwebサイトを見て、商品や会社のことが営業マンに聞かなくても理解でき、全くの不安なく注文できるくらいの情報量があるでしょうか?もし、もしも不安で購入できないなんてことであれば、それはおかしくないですか?

24時間フル稼働で働き、勝手に売上を上げ続けてくれるスーパー営業マンを作る目的でwebサイトを作ったはずなのに、そうなっていなければおかしいですよね?分からないことは、事典で調べて全ての疑問は解決されて購入できるようにすることが、この会社のwebサイトのあるべき姿です。

あなたの会社のコンテンツをwebサイトに残していく。お客さまも、株主も、従業員も、取引先も、みんながあなたの商品や会社のことを知れるようになっているというのが、あるべき姿ではないでしょうか?

もちろん、企業は利益を生まなければなりませんので、効率も重要です。今、売るときは必要な情報を断片的に切り取って「広告」で販売しています。もちろん広告を辞める必要はありません。ただ、目先の効率化ばかりに目が行って、webサイトのコンテンツの充実が疎かになってしまってはいけません。長期的に見て、webコンテンツは会社の宝です。

問題は、自社サイトにコンテンツがほとんど掲載されてない!ということ

会社の宝だということは認識している経営者も多いと思います。しかし、webサイトには反映されていない。世の中の99.9%の企業のwebサイトは、お客さんが満足できるような、安心して購入できるような商品や会社のコンテンツは掲載されていません。

あなたの会社内では、暗黙知になっているようなこと、経験知、属人知になっていることがないでしょうか?暗黙知になっているようなことが合っては、外部のお客さまに商品や会社の良さなんか伝わるわけがありません。

あなたは、未来の自分にふさわしい仕事をしているだろうか?

会社事典は、小さな会社でも大きな企業と取引するために、企業が持っているwebサイトやブログを使って、もっと大きなプロジェクトにチャレンジすることを目的としています。

これは、これまでのクライアントさまのコンサルティングを通して、あなたが「未来の自分にふさわしい仕事をしているのか?」と思うからです。本当に心から燃えるような仕事をできているでしょうか?あなたは、未来の自分にふさわしい仕事を、今するべきではないでしょうか?

過去の実績としては、これまで「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・官公庁」など、大手企業と新規取引先を広げているクライアント、テレビや雑誌からも取材を受けているクライアントも多数あります。

あなたの会社には、もっと「面白い」や「刺激的」がたくさんあります!

あなたの会社には、もっと「面白い」ことや「刺激的なこと」が、まだまだ隠れています。自社の価値や自分の価値は、遠慮せずにどんどん発信していく。そうしないと世の中に埋もれていってしまいます。もっともっと大きなことにチャレンジしたい。だからあなたは起業したんではないでしょうか?大きな取引先とビックプロジェクトをやったり、ビジネスを通して、チャレンジしたいことがあるのではないでしょうか?

「会社事典」のコンサルティングを受けた方の感想

私が説明するよりも、実際に会社事典のコンサルティングを受けた、お客さまの体験談の方が分かり易いと思いますので、工務店を経営する柴田さんと、京和菓子の製造販売を行う創業56年「京菓子司よし廣」水内さんの体験談をご覧ください。

工務店経営:柴田さんの体験談

こうやって棚卸しすると「命をかけてこんなことをやっていたのか,,,」と、自分の人生を考えざるを得ないですね。

音声はこちらです。(インタビューの一部のみ)↓ ↓ ↓

●会社事典を作る中で、得られたことは?

会社事典を作るために、普段の作業をまず書き出したのですが、その普段やっていることを「何のためにやっているのか?」ということが再認識できました。ただの内装工事をやっているのではなく、自分の工務店としてのこだわりが「10年経ってもひび割れしない予防工事」を行っていたことに気が付きました。そして、自分がこだわったやっていた仕事が全然周りの人に伝わってないことがよく分かりました。

お客さんのためにやっているのに、お客さんには全く伝わってない。この会社事典の一覧表を見れば、今やっている作業が、お客さんにとって必要な価値なのか?必要じゃないのか?客観的に見て、取捨選択することができると思いました。色眼鏡を見て世界を見続けるのは怖いですね。自分の思い込みというものは、自分じゃ気付けないです。

●まず仕事を棚卸しますが、何か見えてきました?

今まで、こうやって自分の仕事を棚卸しして書き出して一覧にして見るということも無かったです。お客さんのために、自分がやるべき作業なのか?の見極めができるようになります。差別化できてお客さんも喜んでくれますね。「自分が何のために仕事しているのか?」自分のアイデンティティを見直す事ができます。

人生の三分の一は仕事していますから、「それが何のために、誰のために、何をしているのか?」を整理できます。なんとなくやってたら、なんとなく生きてる人生になってしまいます。こうやって棚卸しすると「命をかけてこんなことをやっていたのか、、、」と、自分の人生を考えざるを得ないですね。

●この「会社事典」作りで、自社の強みを見つけられますか?

見つけられると思います。逆もありですね。自分が強みと思っているけど、実は強みじゃなかった。その判断材料になりますね。本当に自分がやる意味があるのか?再考するきっかけになります。差別化するために、今何をやっているのか?ということを書き出すわけですから。その逆のやらなくていいこともやっている可能性もあるわけで。強みも見つかるし、やらなくていいことも見つかります。やらなくていいことを省いていけば、強みが強化されますからね。

●「会社事典」を作ることで、売上伸びると思いますか?

売上が伸びないとおかしいですよね。強みが出てきて、無駄なやらなくていいことも無くなって、それで売上が上がらないということは無いですね。もし売上が上がらないのであれば、それは強みではないので、この「会社事典」を作るプロセスは、それを分析する手段にもなりますね。

京菓子店経営:水内さんの体験談

サービス全体を俯瞰できるようになったので、今まで見えなかった「自社の強みを発見」できましたし、ボトルネックも的確に改善できます。

よし廣:京和菓子の製造販売

この「会社事典」は、すごいと思います。具体的に書き込むことで、自社が「何を提供しているのか?何が価値なのか?」という、今まで気が付かなかった新しい強みを発見できるようになります。弊社でやっていることの価値の80%くらいは表現できるようになったと思います。

【 創業56年「京菓子司よし廣」二代目 水内社長 】

売上げアップの成功事例

【業種:法人向け美容系商材の製造】

東京都内で「法人向け美容系商材の製造」ブログ経由で法人企業から1億2000万円の受注を獲得。問合わせ年間100件以上。売上が前年比4.7倍に。

【業種:オーダーメイド指輪製作】

東京都内で「オーダーメイド指輪製作」ブログで売上が年商7000万円にUP。売上が前年比の3.5倍!3ヶ月予約待ちのオーダーメイド指輪の製作会社に。

【業種:法律事務所専門の印刷会社】

東京都内で「法律事務所専門の印刷会社」ブログ経由で月商1300万円達成。売上前年比2.3倍!専門家としてのブランディング成功で月商1300万達成。

【業種:内装仕上げ工事リフォーム会社】

千葉市内で「内装仕上げ工事リフォーム会社」ブログ経由で3ヶ月で売上4600万円。業界で独自のブランディング成功でリフォーム工事の単価が17倍アップ。

【業種:外構・エクステリア工事造園会社】

大阪市内「外構・エクステリア工事造園会社」ブログ経由で月商1800万円達成。売上前年比2.7倍!地元に根づいたUSPで大手業務スーパーより1000万円の受注獲得。

【業種:パーツフィーダ機械製造業(生産財)】

大阪府内で「パーツフィーダ機械製造業」をやっている島原さんは、元々あったブログは反応ゼロでした、、、。今では、大手企業や官公庁から、1件2200万円の受注が立て続けに決まるようになりました。

【業種:不動産空室対策 コンサルタント】

名古屋市内で「不動産空室対策 コンサルタント」をやっている武田さんは、集客開始6ヶ月で、売上3倍ベースにUP。反応ゼロのブログから1500万円以上の売上が決まりました。

【業種:整体師】

福岡市内で「整体師」をやっている高松さんは、集客開始3ヶ月で売上4.1倍UP!全く反応の無かったブログから毎月25人の集客できるようになりました。

【業種:自動車整備鈑金塗装工場】

京都府で「自動車整備鈑金塗装工場」をやっている松本さんは、ブログから毎月5〜10件、安定して修理依頼が入ります。計画的に工場を休んで旅行へ行くことも。

【業種:エステティックスクール】

名古屋市内で「エステティックスクール」をやっている春藤さんは、ブログ経由で生徒さまの数が2倍にコンサルティング1ヶ月で受講生数が2倍になりました。

【業種:ジェルネイル教室】

東京都内で「ジェルネイル教室」をやっている菅野さんは、ブログ経由で3ヶ月で売上2.7倍UP!時間をコントロールできるようになったので、ゆっくり娘と遊べるようになりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください