【8/9 福岡市】ヒストリックカーを囲むサマーパーティー開催

ヒストリックカーを囲むサマーパーティー

こんにちは。「日本一の出世コンサルタント」出世番長の山下裕司です。

先日、ご案内していた『ヒストリックカーを囲むサマーパーティーのご案内』を開催して参りました。実に美しく愉しいパーティーでしたのでご報告します。

ヒストリックカーを囲むサマーパーティー

ヒストリックカーを囲むサマーパーティーを開催

ヒストリくカー集合写真普段からオールドヴィンテージワインやヨットで一緒に遊んでいる仲間が、8/4(土) 〜 8/11 (日) に、平和を祈願してヒストリックカーに乗り、東京〜広島〜長崎〜大阪の4都市を結ぶ約2,600kmを走破する「ピースラリー」を行っていました。

その道中で、福岡市のアゴーラ福岡 山の上ホテルに、わざわざ寄ってもらい「ヒストリックカーを囲むサマーパーティー」を開催しました。愛車自慢やヒストリックカーのオーナーになることについて、お話を聞くことが出来ました。ピースラリーチームのみなさんありがとうございました。

参加者の方も、地元の福岡市をはじめ北九州市、そして遠くは熊本県山鹿市や佐賀市、山口県下関市からもご参加いただけました。ありがとうございました。

ピースラリーとは何か?

ラリーチーム「ピースラリー(Peace Rally)」は、歴史や宗教を超え友好を深め、経済も含めてユーラシア大陸を一つに繋ごうという趣旨で、2017年にモナコ公国で始まったプロジェクトです。

日本では馴染みの薄いヒストリックカーでのラリーという平和祈願方法ですが、ヨーロッパを始めとする諸外国においては、生産年の古い歴史あるクラシックカーを用い、道中の度重なる故障を修復しながら次々と国境を超えて走り続けること自体が敬意を持って迎えられる行為とされています。

詳細はこちら→『ピース&カルチャーラリー日本公式サイト(Peace & Culture Rally Japan)』

私もステージに登壇しお話させて頂きました

山下裕司私もこのパーティーで、ヒストリックカーオーナーさんの愛車自慢インタビューや、このパーティーへの熱い想いなどをお話させて頂きました。

私がこのパーティーを主催した理由は、「もっと人生を愉しもう!」というメッセージを福岡のみなさんにも伝えたかった。というのと、自分自身がもっと人生を愉しむということを決めたからです。

人生を愉しむなんて、お金儲けてる人しかできないなんてこと思ってたらダメです。お金を稼いでからこの考え方に気付くと遅いのです。お金を稼ぐ前から、人生は愉しむものなのです。私も仕事で超忙しい時期でしたが、「人生のすべてを愉しむ」と決めていて、ピースラリーチームが近くに来ていたら、どんなに忙しくても素敵なパーティーくらいしますよね?

それは、自分自身が愉しむだけでなく、僕の友達や仲間内だけで愉しむだけでなく、福岡に住む人が愉しめるイベントなわけですから。「忙しいからできない、、、」と言っている人は、一生忙しいと言ってる人生になるわけです。落ち着く日なんて死なないと来ないわけですから(笑)

美しい夕陽を背景に並ぶヒストリックカー

ヒストリックカー右から順に、

  • フェラーリ328GTS(1986年)
  • ポルシェ356(R)
  • フィアット500 アバルト(1972年)
  • トラアンフ TR3-A(1958年)
  • メルセデスベンツ560SL(1987年)
  • メルセデス・ベンツS280 (1972年)

19:15。パーティーが始まる15分前。クラシカルな6台の名車、ヒストリックカーが山の上ホテルの駐車場に入ってきた頃、それまで雲がかかっていたグレーな空が、ピンクの夕陽に染められた美しい空に変わっていました。

オーストラリアの心理学者ヴィクトール・フランクルは、そのアウシュビッツ強制収容所での体験を記した著書「夜と霧」の中で、このように綴っています。

人間としての尊厳を全て奪われた状況の中で生き残った人と死んでいった人には決定的な違いがあった。それは沈み行く夕日が水たまりに映った姿を見て、美しいと思えた人・感動した人その夕日を仲間に見せようとした人。そういう人間だけが生き残った。「夜と霧」

ここは福岡市の山の上ホテルで、ガス室でも無ければ、戦争しているわけでもありませんが、日々がどんなに忙しくてハードでも、夕日を見て感動できる人「だけ」が集まったのだと思います。だから、こんなにも美しい夕陽を導くことが出来たのだと思います。

並んで走るヒストリックカーは圧巻の景色

この動画は、翌日の「筥崎宮」の前での姿ですが、ヒストリックカーが6台並んで走るこの姿は圧巻です。御覧ください。

一人では見れない景色を一緒に見よう!

この素晴らしい「ヒストリックカーを囲むサマーパーティー」は、私一人の力では、なし得ることは出来ませんでした。パーティーに参加された、参加者の方々、ピースラリーチームの方々、山の上ホテルのスタッフの方々、EXPLORERS CLUB 福岡地区の方々、みなさんのご協力がなければ、こんなに素晴らしいパーティーにはなりませんでした。

ご参加された皆様、本当にありがとうございました。これからも、ヴィンテージを愛する者として、このようなパーティーやイベントを企画してまいりますので、よろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください