やっぱりポルシェ356は光り輝き美しく!!

やっぱりポルシェ356は光り輝き美しく!!

こんにちは。日本一の出世コンサルタントであり、「見せれば売れる 会社事典」の山下裕司です。

先日、発生した大型台風17号(ターファー)が、九州北部の福岡県を通過するため、被害のないようにポルシェは一時避難。屋内駐車場に預けて参りました。結構強い風と雨でしたが、みなさま、台風の被害はなかったでしょうか?福岡県北九州市も、とにかく台風の被害もなく無事で一安心です。

※【台風豆知識】:豆知識ですが、この台風の名前は誰が付けているか知っていますか?今回の台風17号に命名された「ターファー 」はマレーシアでなまずという意味です。この台風の名前は「台風委員会」という日本を含む14の国と地域が加盟する団体が決定しており、すでに台風の名前が140個用意されており、発生順に付けられるとのこと。

やっぱりポルシェ356は光り輝き美しく!!

ポルシェ356を愉しく洗車!

台風が過ぎ去った後は、ポルシェ356をとにかくピッカピカに輝くまで磨き上げました。ポルシェは、輝いてないとダメなんです。常に光り輝いていなければなりません。くすんだりしていては絶対にダメです。くすんだポルシェなんてカッコ悪いだけでしょ?

ポルシェの価値を上げ続ける人が乗るべきです!

それは、完全にポルシェの価値を落としています。ポルシェの価値を落としてしまう人は、ポルシェに乗る資格はありません。ポルシェに乗る人は、こんなにカッコ悪い人なのか、、、とポルシェに憧れる人の期待を裏切ってはいけないんです。ポルシェに乗る人は、こうあるべきというものがあるべきです。ですので、ポルシェの価値を上げ続ける人だけしか乗るべきではないのです。

例えば、「今度の週末休みに綺麗に洗車しよう!」という考え方ではダメですよね。汚れてしまったポルシェを、週末で頑張って綺麗にするという生き方。100点だったポルシェが汚れてしまって、50点になり、週末にまた100点に戻そうとしている。50点となって汚れている「汚いポルシェ」の時間があるんですよ。そんなの、オーナーとしてかっこ悪いですよね?

ポルシェに乗る人格を手に入れよう!

「やっぱりあの人が乗るポルシェって、素敵だね!」と常にいわれ続けるべきです。
 
常に美しくあるべきがポルシェ。そして、そのポルシェに乗るドライバーやコピロットは「ああいう素敵な人がポルシェ356に乗るよね!」と、それにふさわしい人物であるべきです。そう実感しながら、ピッカピカに磨き上げた本日の洗車でした。若松区と戸畑区を繋ぐ若戸大橋を背景に、夕陽が射し映るポルシェ356、美しい、、、。やっぱり抜群にいい顔してます。

この背景に、くすんだポルシェは似合わないでしょ!やっぱりポルシェは光り輝き美しく!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください