お客さま体験談(整体院)

一番感謝しているのは「自分の良さや特徴を最大限引き出しアピールしてくれる」ところです。

お客さまの声(整体院)

整体院プロフィール

【会社事典コンサルティングの体験談をインタビュー】

↑中心のボタンを押すと再生(11分14秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

「見せれば売れる会社事典」コンサルティングを活用して

一番感謝していること

一番感謝しているのは「本当の意味の患者さん目線の店作り」に気付かせてもらえたことと「自分の良さ・特徴を最大限引き出して、アピールしてくれる」ところだと感じています。

私は早い段階で患者さんが来て繁盛しているお店は技術だけではないと感じていました。しかし具体的な方法が全くわからず、自分の経験と感だけで仕事をしていまいした。やはり集客には波があり、自分のその日の体調や気分でもばらつきがあるので安定しませんでした。

ちょうど悩んでいるときにお声をかけていただきました。正直最初はとても不安でした。

しかし集客を始める前にコンセプトや店作り、HPの地図の写真撮影、施術の紹介動画などなど膨大な作業をする中で今思うと来ていただく患者さんの不安を取り除くためにはこんなに大変な作業をしなければならなかったのかと気付くようになりました。

とても厳しい指摘をもらいながらも必死についていくうちに、自分の考え方も変わった気がします。毎日掃除をするのも患者さんに気持よく使ってもらうためには当然だし、情報をだすのも自分よがりでなく、読んでもらったときにどう感じるかを常に意識して動くようになりました。

実際広告を出した効果も驚くほどで、毎日追いつかなくなるくらいの勢いでした。結果も実際の数字に出ています。更にリピートするための細かい解析や提案をしっかりしていただいて、サポートしていただいています。これからは更に自分でも工夫を重ねて、しっかりした経営システムをつくろうと思っています。

ご一緒にお仕事が出来て本当によかったと感謝しています。ありがとうございます。
福岡らくらく整体院 高松栄伸

整体院の経営で「見せれば売れる会社事典」を活用して、どんな変化が起きましたか?

それは、いくつかあるんですけど、まず一番最初にはも患者さん目線で、店作りから全部をやっていくっていうのを教えて頂いたので、それがすごく勉強になりました。

例えば、お店作りでお客さんが整体院の中に入ってくる、玄関のドアを開けるのに、心理的な不安があって入りにくかったと思うんです。今思うとダメだったなと思うんですけど、私は玄関に「入り口」という表示とか、全く何もしてなくて、「入り口はこちら」とか「こちらからお入りください」とか、駐車場には「こちらに停めてください」とか、そういった、ちょっとご親切なような案内とか、まったく無かったんです。

山下さんが初めて、福岡らくらく整体院に来ていただいた時に、すぐに指摘していただいたのをすごく覚えています。

整体院の中でも、お客さんのためになるような掲示物とか、ほとんどやってなくて。すぐに患者さんの声やビフォーアフターをすぐ見えるように掲示したり、患者さんの笑顔になった写真を掲示したり、施術で変化が出たビフォーアフターの写真など、そういった自分の実績として常に見て頂けるように掲示しました。

あと、更衣室やトイレはこちらです!とか、当然のようなことができてなかったり、施術のスペースに自分の作業机があったりしたので、「撤去しましょう!」とか、そういったご提案をしていただいて、本当に自分が自分の目線でしか整体院のことを見えてなかったというのがありました。すべて患者さんの目線で、どう見てもらえるか?というのを考えながら整体院作りをできるようになったので、それはの大きな変化だと思います。

あと、以前はフリーペーパーやチラシで集客して、お客さん来ていただくような、やり方をしてたんですが、お客さんには最終的にファンになって頂くっていうのを目標としていましたので、どうしたリピートしてくれるか?というのも悩みのタネでした。

山下さんにアドバイス頂いたのは、リピートして頂くために「治療計画書」などを作って、患者さんに提案するという方法をご提案していただいて、今後の施術の見通しとかを丁寧にお伝えできるようにして、なるべく患者さんの不安をなくすように、今後の治療計画を見えるようにしてもらって、それをわかりやすく伝えられるようになりました。そのおかげで、患者さんの安心感も非常に高まってきたと思います。

また、痛みを数値化しましょう!というご提案も頂きました。それまでは、「今どうですか?」とか、患者さんに質問するときに、ぼやっとした質問をしていましたので、痛みがどれほど改善されたのかがよく分からず、「なんとなくいいのかな?」とか「どれぐらい良くなっているのかな?」というのも恐恐と聞いたり、または自信なさげに聞いていました。

施術後に、最初の痛みを10としたら、今どのぐらいの数字でしょうか?ということを質問をして、その点数を折れ線グラフにして、痛みが改善している変化を見えるようにすることで、私自身も、患者さんも、こんなに良くなっているんだ!こんなに改善してるんだ!という、お互いの意識のすり合わせが、すごく見えるようになったので、安心して経営を進めていけるなりました。

「見せれば売れる会社事典」を活用して、お客様の変化はありましたか?

大きくお客さんの意識が格段に上がってきて、私に対する信頼度が、ものすごく高い状態で来院して頂けるようになりました。以前は、フリーペーパーやチラシという、すごく少ない情報の中で判断して来院されるので、患者さんも「本当に治るのかな?」とか「大丈夫なのかな?」とか情報が少なすぎて、”整体って怖い”というイメージがありますので、すごい不安の中、恐る恐る「お試しでお願いします、、、」という方が、すごく多かったので、もう正直リピート率もすごく低かったんです。

でも、今はホームページで整体院の中まで、全部、しっかり写真撮って公開したり、「こういう整体のやり方をするんだ」とか「こういう施術の進め方をしていくんだ」とか、「施術後の解説」とか、「整体理論の解説」とか、「どうしてこういった他とは違う整体をやっているのか」とか、そういった想いとかまで、詳しく書いていただいきました。

そして、整体院が住宅地の奥まった所にありますので、来院して頂くまでも、大変だったんですけど、改善して詳しく道順を説明すると、逆に「すごい親切な人なのね!」っていうような印象を持って頂くことができ、期待が高まった状態で来ていただく方が、すごく増えました。

ですので、施術効果が大きく出なくても、今後の施術の見通しをしっかり自身を持って伝えられますし、時間がかかる症状でも、すごく信頼してもら得てるので、患者さんの「自分の体は自分で治す」という意識が、本当に高くなって、とてもやりやすくなりました。

信頼して来てくれると、整術効果は高いですか?

やっぱり心と体は、一体だと思っていますので、恐恐と身構えながら整体施術を受けるのと、信頼し切って身を任せるように施術を受けてもらうので、やっぱり施術効果も違ってくると思うんですね。そういう意味で、心の不安を全部取り払って、私のことを信頼した状態で来院して頂けるので、そこが一番助かっています。

「見せれば売れる会社事典」で、高松さんの考え方や行動が変わりましたか?

自分でフリーペーパーやチラシを使って集客していた時よりも、格段に集客して来院する患者さんの数が増えています。なおかつ、信頼が高い状態で、しっかり痛みが治るまで続けてもらえているので、整体技術の向上にもなっていますし、いろんな症状の施術経験を積めることで、自分の整体技術の成長にも繋がっています。

今まで、常に不安が付きまとっていたんです。「新規の患者さんが来なくなったらどうしよう、、、」とか、「本当にやっていけるのかな?」という不安が、常に休みの日でも付きまとっていました。でも今は、すごく安定的に、ずっと意識の高い方を連れて来てもらえるので、休みの日はしっかり家族との時間を楽しんで、休養を取って、またしっかり整体に取り組むことができています。不安が、すごく自分の中でも減っているので
、すごく助かっています。

「見せれば売れる会社事典」を始める際、不安はありませんでしたか?

とにかく「自分を変えたい!」というところがありましたので、「できることは全部やってみよう!」という気持ちで取り組んだので、かなりアドバイスを言われたことで、「難しいなぁ、、、」と思うこともいっぱいありましたし、「ちょっと苦しいなぁ、、、」と思うことが、多々あったんですけど、でもそれを一個一個クリアしていくことで、自分の成長に繋がっていったと思います。それが結果として、着実に出てきていましたので、すべてが感謝の気持ちです。

確かに、全部をさらけ出すようなことなので、今まで自分の奥さんにも言ってないようなことも言ってしまったりしてるんです(笑)でも、それで信頼してもらえるなら、やるべきかなぁと思って取り組んだのは大きいと思います。

実際、開業した想いとかに、共感して来院して頂けるお客さんも増えました。共感して来ていただいたという方も何人もいらっしゃいます。自分の笑顔の写真とかも掲載することで、女性はその写真だけで優しそうな先生だなっていうので来て頂いたりとか。いろんなケースがありましたので、やっぱりやってみるものだな。やってよかったなと思います。

⇒【他のお客さまの声も読む】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください