愛車ポルシェ356!どこを切り取っても完璧だ!

愛車ポルシェ356!どこを切り取っても完璧だ!

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日は、2019年の最新SEOのことを書く予定でしたが、せっかく祝日(文化の日の振替)ですので、SEOではなく、愛車のポルシェ356(PORSCHE)のことなんかを書いてみようと思います。

先日、鹿児島まで、だいたい片道約350Km(往復700km)を九州自動車道で突っ走って来ました。快晴の天気の中、最高のドライブでした。前日まで大降りの雨だったのに、当日はどう考えてもドライブのために晴天にしてくれたに違いないという感じの快晴でした。

愛車ポルシェ356!どこを切り取っても完璧だ!

九州自動車道を突っ走るポルシェ356

そのときに撮影した動画をご紹介しながら、九州自動車道でドライブの様子もご紹介させて頂きます。まずは、いつものドライブの様子を。

底抜けに愉しい日常を!

この美しいフォルム。ポルシェ356スピードスターは、映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」で、グレース・ケリー役のニコール・キッドマンが山道を飛ばすシーンで乗っていた車。

ポルシェの最初の車であり、スポーツカーがない時代に、ポルシェ伯爵が作った珠玉の車。911へと続くポルシェの栄光。この車から見える景色が、美しくない訳がないですよね。

ポルシェ356ドライブ最高!!

何が最高って「自分の可能性を広げられる」からです。

僕は、このポルシェ356で人生を変えました。素敵なドライブには、ポルシェ356を知ることも必要だし、運転技術も必要。目的地のことも、ルートも天候も、立ち寄るお店も、素敵なドライブにするために、どうすればいいか考える訳です。

そして素敵なドライブには、その目的に合ったファッションも会話も必要。だから、車の運転のことだけでなく、「生き方」を考えさせられますよね。

『山下裕司、総力戦なんです!』

素敵な人が乗るから、ポルシェが輝く。ポルシェドライブ、本当に鍛えられます。

鹿児島市から福岡へ出発!!

そして最後にご紹介するのは、鹿児島市から福岡に帰るシーンです。ここから一気に350km、深夜の九州自動車道をオープンで突っ走ります。早朝と深夜は気温も低く寒いですが、ポルシェ356オープンカーに乗っているならば、オープンで走ることが、最もこのポルシェを輝かせます。

途中、休憩も一回くらいガソリン給油で休んだくらいで、一気に福岡へ戻りました。一人で運転しても全く飽きることがない。我が愛車。もう最高です。

最後に

それにしてもクラシックカーは美しく、そして愉しいですよね。

街を走れば「ポルシェ素敵!」と言ってくれる方が非常に多く、ポルシェ356が相応しい自分でなければならない。そして、街の価値をも上げるべき男にならなければならない。この強制的に素敵にならざるを得ないポルシェ356。素敵だと思いませんか?

ワイン会の際にも皆様にお伝えしていることですが、ワインと同じようにクラシックカーも、クラシックカーが「ある人生」と、クラシックカーが「ない人生」では、まったく人生観が違ってくるような、人生に「奥行き」を与えてくれる素晴らしいものだと私は感じています。

そんなポルシェ356のドライブで、素敵な女性の方ともご一緒したわけですが、やはり、姿勢が美しいと何をしていても美しいですし、お相手をする立場としても「ちゃんとリードさせて頂こう!」という気持ちが強くなりますね。ワルツを踊るような感覚にも似ていますね。

そんなこんなだ、2019年は、マーケティングとワインとクラシックカーをさらに愉しむ年になりそうですが、こういう経験を持っていないと「リアルな現場のマーケティング」 は、難しいのではないかな~? と、「私は」思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください