美しい景色を創るのは、あなたのファッションです!

美しい景色を創るのは、あなたのファッションです!

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

「いつもオシャレですね!」「素敵なファッションですね!」「カッコいいですね!」と最近、ファッションのことについて、お褒めの言葉を頂いたり、質問されることが多くなりましたので、このブログで改めてお伝えしておこうと思います。

ビジネスとは関係ないファッションの話か〜と思っているあなた。ファッションはビジネスと直結しています。売上が伸びないと思っているあなたは、今までのファッションの捉え方が違っているだけです。ぜひ、今日のブログをご覧ください。

美しい景色を創るのは、あなたのファッションです!

「人生を愉しむ」

洋服には「保健衛生的機能」と「社会的機能」という役割があります。といっても、今日は学問的なファッションの話がしたい訳ではないのですが、ファッションの話をするなら、外せない話を少し。

まず、洋服っていったい何なのか?ということを改めて考えてみると、もともとの原点は、身体を保護するためにあります。「暑さ」や「寒さ」、そして「紫外線」など、自然環境の変化から身体を保護するためでもあります。

そして、体温コントロールするためでもあります。人間が裸で快適に過ごせる気温範囲は28℃から31℃の範囲と言われており、季節的には「夏」のみです。これらは「保健衛生的機能」というものですね。

そして、もう一つの役割が「社会的機能」と言われるものです。

経営者たるもの「イメージ」は重要

そこで、今日は、「イメージ」の話をしてみたいのですが、経営者たるもの、「イメージ」はとても重要ですよね。特に、ファッションは、自分の魅力を魅せる大切なツールであり、自己表現のツールでもあります。

確かに、イメージよりも中身や!中身!というお話もあるかと思います。しかし、人間の外見は中身の全てを表したものなんですよね。センスであったり考え方であったり性格であったり、そのすべてが表現されているのが「外見=イメージ」です。

でも、それ自体は私も昔から分かっていましたが、人生を愉しむための教養としてプロトコールを教えるスクール「Ecole de Protocole Monaco(エコール ド プロトコール モナコ)」で教えていただいて変わってきたのは、外見からも中身が作られるということでした。

外見をコーディネートしながら、自分の中身が変わっていく

まず、皆さんご存じのように、私はクリクリパーマ(スパイラルパーマ)をかけて、サングラスをかけ、ポルシェに乗って、シガーを燻らせている訳ですが、これは外見を変えるためだけでなく、その外見を変えるためには内面が鍛えられていないといけないわけですよね。そのファッションに見合った体型を作ったり、とか。

そして、お相手のことを思いやった服装選びや色選びに小物の付け方とか、そんな、まさに「イメージ」のトータルコーディネートを勉強し、意識すると、外見をコーディネートしながら、自分の中身が変わっていくことが手に取るように感じられるようになりました。

一言でいえば、やさしくなった感じ。

外見なんてどうでもいいという方は、、、

外見なんてどうでもいいという方は、お相手への配慮が欠けているとも受け取られかねませんし、それは、経営者としては大問題な気がします。

おれは、オレ流、ジーパンだぜ!は、ITバブル時代の話。叫び 

経営者こそ、自分に、そしてお相手に対して相応しい「イメージ」を築きあげて行きましょう。そして皆さんも、たまには自分の趣味と違う服装なんかをしてみるというのもいいのではないでしょうか?

美しい景色を創るのは、あなたのファッション、立ち居振る舞い、そして笑顔と会話です。

最後に

私は、自分の写真をよく撮ります。こちらが私の『山下裕司のFacebook』ですが、本当に写真をアップしています。プロに頼んだり、自分で撮影したり、人にお願いしたり。普通に「よく自撮りされてますね!」と言われたりすることもあるのですが、それは趣味で撮影している訳ではないですからね!笑

自撮り撮影をする目的は、自分の変化の進度を確認するためです。どれだけ自分が変化していくのが、目に見えて分かるのは、やはり外見です。表情や雰囲気、ファッションなど、全てにその変化は出てきます。

経営者のあなたこそ、世の中をもっと美しくするために、自分に、そしてお相手に対して相応しい「イメージ」を築きあげて行きましょう。それが売上UPの近道であるのは間違いありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください