新規開拓する集客ブログ3つの法則をご存知ですか?

新規開拓できる集客ブログの秘密「コンセプト3つの法則」

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

集客力を高め、新規開拓するために重要なポイント。これは会社の規模や、今まで学んできた事など、人それぞれ、考えがあると思います。商品力じゃないか?商品品質じゃないか?マーケティング力じゃないか?販売、営業力が強いことが大事じゃないか?と、人によって考えていることは違うと思います。

あなたの集客や売上を、短期間で一気に改善するには、一番の大事なポイントは『商品コンセプト』です。今日は、この商品コンセプトについてお伝えします。

新規開拓できる集客ブログの秘密「コンセプト3つの法則」

新規開拓するために、最も重要なポイントって何?

この『商品コンセプト』の概念は、非常に大事なので、ぜひ覚えて頂きたいです。「商品やサービスが売れない、、、」と私もいろんな商品を販売し、いろんなクライアントさんとか、いろいろ質問いただいてお話しするんですが、やっぱり売れない商品には、この『商品コンセプト』が明確になっていないんです。そんな商品、世の中に溢れるほどあります。非常に多いです。

逆に、売れている商品は、この商品コンセプトがバッチリと決まっています。それぐらいこの商品コンセプトで集客できるかどうか?売れるかどうか?が変わってきます。

商品コンセプトってなに?

じゃあこの商品コンセプトってなんぞや?というところです。わかったようなわからないような言葉だと思いますんで、私はこう定義しています。『商品コンセプトとは、商品の存在意義そのもの』です。

ビジネスアイデアに対して、、、

  • 誰に売るのか?(お客さまターゲット)
  • 何を売るのか?(提供する商品)
  • 選ばれる理由(USP:競合優位性)を明確にすることです。

この三つが大事です。コンセプトメイクが上手くいくと、競合との差別化、優位性の確保による競争の回避により、収益の確保がより容易に実現できます。

作る順序としては、自分の中の資源「何を売るのか?」を見つけ出し、その次に「誰に売るのか?」ターゲットにするのか?を考えながら商品コンセプトを作っていくことです。実は「USP」よりも「何を売るのか?」「誰に売るのか?」が非常に大切なんです。

弊社のクライアントさまも、「何を売るのか?」「誰に売るのか?」を明確にしたことで、商品コンセプトがバッチリ決まり、一気に売り上げが上がる例は非常に多いです。商品コンセプトが最強であれば、セールスレターがなくても売れてしまうのです。マーケティングとしては、この姿が最強ですね。

「商品コンセプト」の詳細は、こちらの『企業売上に直結するビジネスコンセプトとは?』を参照ください。

「商品コンセプト」を読んだだけで売れてしまうくらいでないとダメ

「商品コンセプト」は、商品コンセプトを読んだだけで売れてしまうくらいでないとダメです。短い説明の商品コンセプトの文章で売れるならその方がいいが、短くて説明足らずになるくらいなら、長くて売れるコアコンセプトの文章の方がいいです。

例えば、不動産仲介業という職業があります。この職業は、地域にライバルとなる競合がたくさんありますので、その競合ライバルの中から、商品コンセプトでお客様に選ばれなくては、ビジネスは始まりません。まずは自社が、どんなタイプの不動産仲介業であるか?を徹底的にブレインダンプすることで、「他の不動産仲介業とどこが違うのか?」を出しましょう。これが尖ってないと選らんでもらえません。

そして、コンセプトを尖らせるために、よく「ターゲットを絞れ!絞れ!」といわれると思います。でも、商品コンセプトが尖っているのであれば無理して絞らなくても大丈夫です。商品コンセプトが尖っていない場合に、仕方なくターゲットを絞ることで、尖らせることがあります。

ただターゲットを絞ってしまうと、それだけターゲットが減ってしまうので売上げは減ってしまいます。商品コンセプトを尖らせる手段の一つが、ターゲットを絞るという方法なだけです。そのターゲットを絞るという目的は「商品コンセプトを尖らせる」ことです。

商品コンセプトが明確になってないと?

この商品コンセプトが明確になってないと、商品が売れなかったり、集客が失敗するっていうことになります。先日も、あるサプリメントを売りたいという女性社長から相談を受けました。私は聞いたんです。「このサプリメント、何に効くんですか?」と。

そしたら、その女性社長が言われたのが「これすごいの!!」と。「とにかくすごいのこれ!!」、って話で、「もうこれ何にでも効くの!!」と、、、。風邪も治るし、ダイエットにもなるし、お通じもよくなるし、病気も全部治ると、何でも治っちゃうみたいな感じで言うんです。

「じゃあ、これ誰に売りたいんですか?」って質問したんです。

そしたら、その女性社長が言われるのが、これ何にでも効くから「みんなに売りたい!!」と言いはじめて。じゃあ果たしてこういう商品が売れるのか?というところです。何にでも効いて、みんなに売りたいという商品ですね。これ売れるかというと、なかなか、実はこういう商品は売れにくいというのが正直なところです。

なんにでも効いてみんなに売りたいっていうのは、誰にも刺さらないメッセージなんです。何の特徴もないということ。やはりそういう商品は、売れにくいです。

どういう商品だったら売れるのか?

ビジネスアイデアに対して、

  • 誰に売るのか?(お客さまターゲット)
  • 何を売るのか?(提供する商品)
  • 選ばれる理由(USP:競合優位性)を明確にすることです。

例えば、「40代の女性で毎日お肌のお手入れに時間を取れない方のための肌荒れクリーム。これををお風呂上がりに塗ると3日でお肌がツヤツヤになります!」、そういう風に伝えてあげると売れやすくなります。明確に行動をイメージさせないことには、お客は行動できません。

そして、多くのマーケターが「USPが大事だ!」とか「USPさえあれば大丈夫!」という言い方をしていますが、それは完全な間違いです。ただ、それもしょうがありません。自分を売り込むときに、キャッチーなもので売り込まないと売れないからです。要は、信頼がないので、煽ってしまう売り込み方しかないんです。

この商品コンセプトをきちんと造り込むと、煽るような激しいセールスや売り込みしなくても売れます。どう考えても煽って売るより、商品コンセプトが明確で、丁寧にきちんとしてた方が安心感が高まります。

積み上げた信頼がないために、一気に欲望をかき立てるような激しいセールスになればなるほど、お客さんに不信感が起こります。煽れば煽るほど、欲望も燃えないし、不信感も強くなるので売れなくなってくるのです。

大切なのは、信頼です。信頼を強くするためには、セールスを弱くする必要があります。商品コンセプトを作ることによって、セールスの部分を補ってくれるため、煽らなくても売れるのです。コンセプトのできがいいほど、優しく静かにセールスができてしまいます。信頼があるのでセールス力が小さくていいのです。

最後に

商品コンセプトを尖らせるための一手段が、「ターゲットを絞る」ことです。すでに商品コンセプトが尖っているなら、ターゲットを絞る必要はありません。お客さまターゲットを絞ったようで、実は絞られていないのが最強の商品コンセプトであり、その商品コンセプトが最強ならセールスレター無しでも商品やサービスは売れてしまいます。

とはいうものの「USP」も決めたいですよね?

詳しくは、こちらの『【保存版】プロが教えるマーケティングのUSPの作り方』を参照して頂きたいですが、実は「誰に売るのか?」を明確にするだけで、ほぼ自動的に「USP」は出来上がります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください