コンサルティングをお考えの企業さまへ

コンサルティングのご案内

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

この「見せれば売れる会社辞典」は、日本で唯一「社長がカッコよくなる」webマーケティングのコンサルティングサービスです。

検索エンジンマーケティングによるSEOでの上位表示力と即効的な売上向上のためのインターネットマーケティング力を用い、競合優位となるコンテンツを生成することで、カテゴリNo.1の企業創りを行っています。

インターネット上の情報のやり取りや購買活動はその提供される仕組みの変化にとともに、ユーザーの意思決定の流れも激しく変わってきています。

300社を越えるWEBサイトへ導入実績のあるSEOと 業種業態ごとに特徴を捉えた取り組みから継続的に蓄積されていくノウハウと技術力の両面を駆使することで、課題解決、成果へとつなげます。

御社のインターネット売上を飛躍させる弊社のコンサルティングをご体験下さい。

目次

webサイトで、売上一億円くらい普通に作るスター社員を作ろう!

●【コンサルティングのご案内】

webに投資するということは、売上一億円くらい普通に叩き出す「スター社員を作る」ということです。

「お金を使える経営者」は、利益を生み出す対象への投資を怠りません。そしてほとんどの企業の場合、Webは「利益を生み出す対象」となります。しかし、Webサイトをつくるにあたって、多くの会社から聞こえてくる予算は、なぜか「30万円」なのです。繰り返しますが、本当に30万円なのです。

そんなバカな!?

30万円と言えば、社会保険・厚生年金・雇用保険・交通費・その他手当などを考えると、給料20万円弱でボーナスをもらう社員の年俸を1ヶ月分に平準化した金額です。そんな低い予算で、ちゃんとしたWebサイトなんて、できるわけがないのです。給料20万円の社員と同じ価値と考えてよいか?給料20万円といえば、高卒新入社員の初任給と変わらない金額ですよ。

30万円では、スーパースター社員のように、常に新しい会社の魅力を、相手に伝わる言葉で、伝わるタイミングでアウトプットし、相手を魅了し続け、一見さんをも虜にしてしまうような、そんなWebサイトは、絶対に作れません。作れるわけがないのです。あなたの会社の給料20万円の新入社員が、1億円を超えるような売上を叩き出してくれるでしょうか?

WEBサイトは、しっかりと予算を組んで取り組むべきものです。

●【コンサルティングの概要】

契約期間

半年からのご契約となります。経営というものは、瞬間最大風速の一回だけ成果が出ても意味がありません。成果が安定的に出るまでに半年はかかると思っておりますので、最短でも半年契約とさせていただいております。契約期間終了時に、契約を更新されるかどうかを選択していただけます。

そして、よく質問を頂くのですが、「クライアントの方は、どれくらいの期間コンサルティングを受けらますか?」と。弊社の場合、コンサルティングを長期で継続して受けられる企業さまが非常に多いです。これは、もっと上を目指していこうとすると、そこにはコーチの存在が不可欠だからです。弊社での最長は8年目の企業さまがいらっしゃいます。

訪問期間

基本的には毎月1回、訪問させていただきます。企業さまによっては2ヶ月に1回の訪問となる場合もあります。特にコンサルティングを始めたばかりの最初のうちは、時期を空けずにコンサルティングをしていかないと、なかなか成果が出ないのが実情です。

費用について

コンサルフィー:月50万円(税別)

上記料金に加えて、ご訪問の際は、別途、交通費(税別)が加算されます。

●【コンサルティングの詳細】

ご担当者さまへ

まずは現状の共有からお願い致します。現状を共有するという業務が十分でない場合や、共有頂く場合が難しい場合、検証スピードの鈍化にともない目標とする成果への到達が遅れます。

一方で、現在の課題や、理想とする組織体系や、成果についてなど、何か1つでも主体的な考えを共有頂けた場合は、それは大きなアドバンテージとなりその先にある、何をどのように変えていくかをいう議論にスムースに入り、結果として、チャンスを私たちのものにできる可能性が高まります。

社内攻略も含め、あなたの成果に協力しすることでビジネスにも貢献します。ご不明点があれば、こちらへお問い合わせ下さい。

経営者さまへ

「ビジネスを丸投げして成功する時代は終わった」と耳にする機械が増えてきましたが、そんなことはありません、実際には今も変わらず「ビジネスは丸投げして成功する」ものです。

変わった事といえば、取り組む相手(業者)の「選び方」です。この部分はこの数年で大きく変わりました。

ある程度、専門分野へのリテラシーを蓄えることで、無駄なコストを省いた形で依頼できる会社を探すことが可能になりました。施策内容とスケジュールを把握することで実態を把握し、無駄を省いた取り組みを実現されている企業も多くあります。この流れの変化だけで、利益を「約2倍」に伸ばすなど大きく結果は変わってきます。

是非、取り組むべき相手を選択し、ビジネスを成功させて下さい。

●【コンサルティングに関する「よくある質問」】

Q1:コンサルティングを頼んだら、必ず、上手くいくの?

「成功率100%」とも言い切ることは出来ません。成功率100%に近づけるため、日々リサーチしたり、最新情報を取り入れたりしていますが、私は「神」ではありませんので。成功率だけでいえば80%ほどだと思います。

ただコンサルティングを受けて結果を出すのは、パートナーシップが重要です。長期的な視点を持ち、提案を素直に聞き入れ、すぐに実行する人とであれば、成功率も高まります。

Q2:Webサイトを作ったが問い合わせがありません。

ホームページはやはり作っただけでは、問い合わせはもちろん、アクセスも売上も伸びません。 まずは、ターゲットを選定、把握し、その方に見て頂くための方法を考える必要があります。

Q3:すぐに効果の出る「ブログ集客」を行いたいがどうすればよいですか。

ブログ集客は、即効性をもとめて行う施策ではないため、期待通りに行かないケースがあります。もちろん検索ロボットのクローリングのタイミング次第では非常に早い段階で成果が出ることもありますが、それが通常ではありません。

即効性を求められるのであれば、リスティング広告を小額の費用でスタートされることも検討頂くのが良いかと思います。

Q4:「アクセス解析が重要」だと言われたが、何をどう見ればよいのかわかりません。

アクセス解析は、短期間で見ているだけでは訪問者の動きの変化や、アクセスアップのために実施した効果の反響を確認することが難しいです。3ヶ月ー半年分のデータをもとに実施した施策内容とも比較した確認作業が必要です。現在では検索ランキングにも影響しているといわれる、ページの離脱率、滞在時間などは、毎回確認する指標として認識して頂くのがよいかと思います。

Q5:「コンテンツ」が大切だといわれましたが、良いコンテンツをどのようにして作り上げたらよいのかがわかりません。

やはり、有益なコンテンツを作成する際には、複数の業界や、そこでのIT活用事例についても精通していることは大きなメリットになると思います。 自社の属する業界や、カテゴリに精通しておくことは重要ですが、それは当然、誰でもできていることかと思いますし、逆にできていない所は他に何をやっても競合優位にはなりえないですし、ユーザーに選んで貰えません。

やはり、他の業界や業種の動向やIT活用事例などにも敏感になりその中で、自社に使えるものや、プラスアルファで考えることで成果につなげるというのが理想です。 結果を出しているところに共通している1つの要素はこの部分だと思います。 制作会社様とのお付き合いのある方や、SEOの会社様とお付き合いがある方は、業界の動向や事例などを沢山聞いて、参考にされるのが良いです。

*NDA(秘密保持契約)の関係上教えてもらえないこともあると思いますが・・・。

Q5:以前、コンサルティング会社と契約していましたが、成果はあがりませんでした。

コンサルティング会社様の状況にもよりますが、契約中の自社の動きが十分であったかという点も成果を図る上では重要となります。コンサルティング会社様のご提案内容にお応えできていないケースも多いようですが、この部分は最初のお取り組み段階で、きっちりとした目標設定とスケジューリングを決めてしまうことでクリアできるかと思います。ここが、ブレなければまず前進してくことは可能です。

「会社事典」のコンサルティングを受けた方の感想

私が説明するよりも、実際に会社事典のコンサルティングを受けた、お客さまの体験談の方が分かり易いと思いますので、工務店を経営する柴田さんと、京和菓子の製造販売を行う創業56年「京菓子司よし廣」水内さんの体験談をご覧ください。

工務店経営:柴田さんの体験談

こうやって棚卸しすると「命をかけてこんなことをやっていたのか,,,」と、自分の人生を考えざるを得ないですね。

お客さまの声(工務店)1

音声はこちらです。(インタビューの一部のみ)↓ ↓ ↓

柴田さん
●会社事典を作る中で、得られたことは?

会社事典を作るために、普段の作業をまず書き出したのですが、その普段やっていることを「何のためにやっているのか?」ということが再認識できました。ただの内装工事をやっているのではなく、自分の工務店としてのこだわりが「10年経ってもひび割れしない予防工事」を行っていたことに気が付きました。そして、自分がこだわったやっていた仕事が全然周りの人に伝わってないことがよく分かりました。

お客さんのためにやっているのに、お客さんには全く伝わってない。この会社事典の一覧表を見れば、今やっている作業が、お客さんにとって必要な価値なのか?必要じゃないのか?客観的に見て、取捨選択することができると思いました。色眼鏡を見て世界を見続けるのは怖いですね。自分の思い込みというものは、自分じゃ気付けないです。

●まず仕事を棚卸しますが、何か見えてきました?

今まで、こうやって自分の仕事を棚卸しして書き出して一覧にして見るということも無かったです。お客さんのために、自分がやるべき作業なのか?の見極めができるようになります。差別化できてお客さんも喜んでくれますね。「自分が何のために仕事しているのか?」自分のアイデンティティを見直す事ができます。

人生の三分の一は仕事していますから、「それが何のために、誰のために、何をしているのか?」を整理できます。なんとなくやってたら、なんとなく生きてる人生になってしまいます。こうやって棚卸しすると「命をかけてこんなことをやっていたのか、、、」と、自分の人生を考えざるを得ないですね。

●この「会社事典」作りで、自社の強みを見つけられますか?

見つけられると思います。逆もありですね。自分が強みと思っているけど、実は強みじゃなかった。その判断材料になりますね。本当に自分がやる意味があるのか?再考するきっかけになります。差別化するために、今何をやっているのか?ということを書き出すわけですから。その逆のやらなくていいこともやっている可能性もあるわけで。強みも見つかるし、やらなくていいことも見つかります。やらなくていいことを省いていけば、強みが強化されますからね。

●「会社事典」を作ることで、売上伸びると思いますか?

売上が伸びないとおかしいですよね。強みが出てきて、無駄なやらなくていいことも無くなって、それで売上が上がらないということは無いですね。もし売上が上がらないのであれば、それは強みではないので、この「会社事典」を作るプロセスは、それを分析する手段にもなりますね。

京菓子店経営:水内さんの体験談

サービス全体を俯瞰できるようになったので、今まで見えなかった「自社の強みを発見」できましたし、ボトルネックも的確に改善できます。

よし廣:京和菓子の製造販売

この「会社事典」は、すごいと思います。具体的に書き込むことで、自社が「何を提供しているのか?何が価値なのか?」という、今まで気が付かなかった新しい強みを発見できるようになります。弊社でやっていることの価値の80%くらいは表現できるようになったと思います。

【 創業56年「京菓子司よし廣」二代目 水内社長 】

売上げアップの成功事例

【業種:法人向け美容系商材の製造】

東京都内で「法人向け美容系商材の製造」ブログ経由で法人企業から1億2000万円の受注を獲得。問合わせ年間100件以上。売上が前年比4.7倍に。

【業種:オーダーメイド指輪製作】

東京都内で「オーダーメイド指輪製作」ブログで売上が年商7000万円にUP。売上が前年比の3.5倍!3ヶ月予約待ちのオーダーメイド指輪の製作会社に。

【業種:法律事務所専門の印刷会社】

東京都内で「法律事務所専門の印刷会社」ブログ経由で月商1300万円達成。売上前年比2.3倍!専門家としてのブランディング成功で月商1300万達成。

【業種:内装仕上げ工事リフォーム会社】

千葉市内で「内装仕上げ工事リフォーム会社」ブログ経由で3ヶ月で売上4600万円。業界で独自のブランディング成功でリフォーム工事の単価が17倍アップ。

【業種:外構・エクステリア工事造園会社】

大阪市内「外構・エクステリア工事造園会社」ブログ経由で月商1800万円達成。売上前年比2.7倍!地元に根づいたUSPで大手業務スーパーより1000万円の受注獲得。

【業種:パーツフィーダ機械製造業(生産財)】

大阪府内で「パーツフィーダ機械製造業」をやっている島原さんは、元々あったブログは反応ゼロでした、、、。今では、大手企業や官公庁から、1件2200万円の受注が立て続けに決まるようになりました。

【業種:不動産空室対策 コンサルタント】

名古屋市内で「不動産空室対策 コンサルタント」をやっている武田さんは、集客開始6ヶ月で、売上3倍ベースにUP。反応ゼロのブログから1500万円以上の売上が決まりました。

【業種:整体師】

福岡市内で「整体師」をやっている高松さんは、集客開始3ヶ月で売上4.1倍UP!全く反応の無かったブログから毎月25人の集客できるようになりました。

【業種:自動車整備鈑金塗装工場】

京都府で「自動車整備鈑金塗装工場」をやっている松本さんは、ブログから毎月5〜10件、安定して修理依頼が入ります。計画的に工場を休んで旅行へ行くことも。

【業種:エステティックスクール】

名古屋市内で「エステティックスクール」をやっている春藤さんは、ブログ経由で生徒さまの数が2倍にコンサルティング1ヶ月で受講生数が2倍になりました。

【業種:ジェルネイル教室】

東京都内で「ジェルネイル教室」をやっている菅野さんは、ブログ経由で3ヶ月で売上2.7倍UP!時間をコントロールできるようになったので、ゆっくり娘と遊べるようになりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください