勉強会でビジネスを作ろう!ビジネスは簡単です!

勉強会でビジネスを作ろう!ビジネスは簡単です。

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

クライアントさまとのコンサルティングの中で、最近特に思うのは、ビジネスを難しく考え過ぎていることです。ビジネスはシンプルです。シンプルに考えてほしいのですが「ビジネス」=「貢献」です。だから、人に貢献すればお金は得られます。このブログでは、シンプルに稼げる方法を説明していきますね。

勉強会でビジネスを作ろう!ビジネスは簡単です!

ビジネスは、シンプルです!

たとえば、、、

  • 僕らが、毎日温かい洋服を着ていられるのも、誰かのビジネスのおかげ。
  • 僕らが、毎日安心して家で寝ていられるのも、誰かのビジネスのおかげ。
  • 僕らが、毎日安心してご飯を食べられるのも、誰かのビジネスのおかげ。

そう考えると、ビジネスをやってくれている人に感謝です。

そして、

  • 自分で生地を裁断して洋服を作らなくても温かい服を着ていられるのも、
  • 自分で罠を仕掛け狩りや畑を耕し農耕をやらなくてもご飯を食べられるのも、
  • 自分で図面引いて木材切って家を建てなくても家に住むことができるのも、

「貨幣」という発明品のおかげなんです。

「貨幣」という発明品によって、職業選択の自由ができあがり、人類全体の分業のシステムができあがりました。だから、あなたは、あなたの好きなことで、貢献することで、人生を愉しめることができるのです。

ビジネスは簡単です。実は、勉強会を拡張して参加者に感謝されながら収益拡大する方法があります。「勉強会」にすべてのノウハウが詰まっています。実は、勉強会というものは、メールマガジンやブログと一緒です。そして、1つの事業と考えると、身も引き締まり、本気になれます。

売れるために大事なのは「商品コンセプト」

以前、ブログで『新規開拓できる集客ブログの秘密「コンセプト3つの法則」をご存知ですか?』で、お伝えした商品コンセプトですが、また改めてお伝えさせて頂きます。

  • 集客・・・トラフィック
  • 営業・・・ウェブサイト(ブログ・メルマガを含む)
  • 商品・・・キャッシュポイント

「営業」というと「売り込み」と思う人が多いですが、「営業」の本質は「信頼関係づくり」です。「あなたから買いたい」と思われる信頼関係づくりです。ここで勉強会は「webサイト」の部分で果たす「営業」の役目、つまり「信頼関係づくり」の役目をはたしています。

「勉強会」とは何か?

ここで言う「勉強会」とは、参加者さんと仲良くなったり、信頼を築いたりする場です。仲良くなると、その人が目指している方向、行こうとしている目標が見えてきます。

その人たちの中には、、、

  • いつか本を書きたい。
  • 世界一周が夢だ。
  • お金持ちになりたい。
  • 起業家・経営者になりたい。
  • 親孝行したい。

などなど、様々な夢や思いがあると思います。そんな人たちのために、手助けや、応援してあげることは、とても意義があることです。

たとえば、お金持ちになりたい!と思っている人に、お金を稼ぐためのやり方を教えている人を教えてあげたり、起業したいと思っている人に、企業のやり方を教えている人を紹介してあげたりです。

目的は、情報の横流しではない!

ここで間違えていけないのは、ただ単に知っていることを横流しに教えてはいけないということです。あなたはコンシェルジュなので、良いものを選んで紹介してあげるのです。

たとえば、本を出したい人に「出版を手伝ってくれる人を知っている」から、と紹介して、出版詐欺だったというようなこともあります。投資の話もよくありますね。

だから、あなたは、あなたが知りうるできる限り良いものを見つけて、良いものを紹介してあげるのです。それだからこそ紹介する意義があります。

勉強会で、あなたがよいと思うものを提供してあげればあげるほど、仲良くなればなるほど、信頼関係が構築されていきます。信頼が構築できたら、できるのが紹介業(コンシェルジュ)です。

紹介が目的になったらいけませんが、相手の期待していること、求めている未来を聞いて、確かめてそれにあったものを相手に教えてあげるんです。

たとえば、個人的に紹介契約を結んで(商品やサービスを売ってもらいたい人は山ほどいます)営業代行費、あるいは、紹介料、なんでもいいですが、「仕組み」を作るか、使うんです。

例えば、あなたがワイン好きなら、、、

たとえば、あなたがワインが好きなら「ワイン会」を開いてみてください。参加者は、Facebook や ブログ、twitter などで募集すればよいでしょうし、参加費は、ワインの原価と会場費を頭割りした金額に、プラスアルファで、一回5,000円〜10,000円くらいでできるかもしれません。※金額は内容=貢献の度合いによる。

10人集まれば、5万円〜10万円の売上です。これを月2回でも開催すれば、10万円〜20万円の売上です。勉強会によって、参加者のワインの経験や知識が増えることによって、その人の欲求が満たされ、ワインに対する自信が確実に一歩深まります。これって「貢献」そのものではないでしょうか?

とても簡単ですが、かなり簡単にビジネスになります。

もし、違うグループを集めて、これを月に2グループ行ったとすれば、20万円〜40万円の売上です。そこから個別レッスンなどのコースをご紹介すると、もっと売上・利益は伸びます。

「でも、面倒くさいんですよね、、、。」

あなたはそう思うかもしれません。しかし、面倒くさいことを代行してあげるから価値があるのです。「面倒くさいことはやりたくない、でもお金だけは欲しい!」これは泥棒の思考と一緒です。

上手くワイン会が回わるようになってきたら、人に任せることもできるでしょう。

もし仮に、このワイン会の企画が面白かったとすれば、どこかのワインショップやレストラン、街コンなどの主催者が「一緒にやりませんか?」とジョイントベンチャーを依頼してくれるかもしれません。

フランスの世界最高峰のワイン五大シャトーがある「ボルドー市」と提携なんてことも可能になって、日本とフランスを巻き込んだワイン会になるかもしれません。

小さな積み重ねを続けると、やがれ雪だるまのように大きくなり、いつしか計り知れないパワーとなります。ワイン会って、とてもニーズがあります。実際に私もワイン会を開催していますが、リストがない状態でも一人5,000円〜10,000円で、10人ほどのワイン会が、ほぼほぼ満席です。

ちなみに私が開催しているワイン会ブログが、こちら『私の人生を変えた一本のワイン』です。ぜひ、参加者の人生を変えたワインを見てください。

小さな積み重ねが大きな原動力となる

ワイン会の集客は、Facebook や ブログ、twitter でやればいいですし、リピートを狙って、最初の一回目は利益ゼロでもいいじゃないですか。ワイン会のファンになってもらって、個別レッスンなどのコースに参加して頂ければ。

はじめは、3〜4人の仲間うちだっていいじゃないですか。素敵なワイン会なら、自然と口コミが広がります。今なら参加者にブログや Facebook や twitter で感想を書いてもらえます。はじめは小さいかもしれませんが、やがてその小さな積み重ねが大きな原動力となってきます。

「会社辞典」も最初は、お客さまゼロでした。毎日ブログを更新し、一人一人誠実に向き合い、徐々に徐々にお客さまが増えて、今では300社を超えるクライアントさまのコンサルティングをするまでになりました。

その中には、世界的に有名な大手一流企業や官公庁などと取引できるまでになった企業もあります。小さな積み重ねが大きな原動力なります。

そして開催するのは、別にワイン会でなくても、お茶会でも飲み会でもカフェ会でも、朝会でも、読書会でも何でもいいんです。

最後に

ビジネスはシンプルだということが分かって頂けたんじゃないかと思います。ビジネスは貢献です。困っている人を助ける。ただ、それだけです。周りの人が出来ないことを、代わりにやってあげるだけで、ビジネスになります。

お掃除代行やお墓参り代行。お料理教室にそろばん教室。代行する、教えてあげる。何でもビジネスになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください