集客できるHP!どのコンテンツから作ればいいの?

この記事は約6分で読めます。

集客できるHP作成!どのコンテンツから手掛けるべき?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日は、クライアントさまである、検査装置の製造を長年手がける社長さんより質問を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-16-07-08【質問】:新規開拓できるホームページを作る時、どのコンテンツから作っていけばいいでしょうか?限られた時間と資金の中で、最も効率よく作るために、どのコンテンツから作っていけばいいか教えて下さい。

という質問をいただきましたので、今回は『集客できるHP!どのコンテンツから作ればいいの?』という内容で、事例を交えながらお答えします。

 

A【答え】:新規開拓できるホームページを作る時、まず最初に作るべきコンテンツは「企業理念や社長の想い」です。

何が何でも、必ずこの「企業理念や社長の想い」から作り始めるべきなのです。それは全ての根本だからです。

 

集客できるHP作成!最初に作るべきコンテンツはコレ!

あなただったら、どのコンテンツから作りますか?

今回は、ホームページ作成時、最初に作るべきコンテンツの話です。

ホームページ作成を生業とされている方は、最初に作成するのは「これ!」という確固たる作成手順をお持ちかと思いますが、今回は、ホームページ作成業以外の方の自社でwebサイトを作成するときの話になります。

自分で、自社webサイトを作る時に「最初にどのコンテンツを作りますか?」という話です。そこであなたに質問です。あなたは、ホームページ作成を始める時に、まず何のコンテンツから作り始めますか?

  • 参考となるwebサイトを探す
  • 売れる商品コンセプトを考える
  • TOPページのキャッチコピーを考える
  • SEO効果が出やすいコンテンツ構成を決める
  • webサイト全体の構成を考える

などが思い浮かぶのかもしれません。でも実は、この前に絶対にやっておくべきことがあります。

私自身も、本業はホームページ製作業ではなく新規開拓のコンサルティング業ですので、最初につくべきコンテンツは「コレ」で進めています。そうじゃないと、真っ直ぐ軸の通ってる集客できるようなホームページは作れないからです。

最初に作るべきコンテンツは何?

それはもう決まっています。何があろうと絶対に「経営理念や社長の想い」のコンテンツからです。これ以外に考えられません。

「え〜〜〜〜??経営理念から作るの?」

と、思われるかもしれませんが、この「経営理念や社長の想い」を一番最初に作るという、この順序で作ることが重要なのです。

一番分かりやすいメリットとしては、この「経営理念や社長の想い」を一番最初に作ることで、ホームページのコンテンツ作成スピードが猛烈に早まるからです。これは、「自分は、このビジネスで何をやろうとしているのか?」というビジネスの原点を明確にする作業なのです。

この「経営理念や社長の想い」のコンテンツを作ることで、しっかりした軸を持った一貫性のあるwebサイトになります。こんなwebサイトであれば、人気ありそうな競合ライバルのホームページを真似事して作ったような、しょうもないホームページに負けるわけないのです。

例えばコレが「私の想い」

福岡らくらく整体院

左図は、弊社のクライアントさまである、『福岡らくらく整体院』さまのホームページです。

このページでは、自分の想いとして「私が整体師をしている理由」のインタビューを掲載し、どのような想いを持って、日々、整体を行っているのか?をご紹介しているページを作っています。

整体院って、サービスが目に見えないものですので、いかにして「見えないものを見えるようにするか?」ここが大きな信頼を獲得するためのポイントになります。

こういった「想い」の部分だとか、「選ばれる理由」など、サービスの価値を見えるように、9ページに渡って、見えない部分をインタビューという形で、ご紹介しています。

どうやって作るの?

「経営理念や社長の想い」のコンテンツを作る時は、今まで関わってくれた関係者や、今まで携わってきた仕事、そして商品やサービスを購入してくれたお客さんを思い出しながら、

  • なぜ、このビジネスを始めたのか?
  • お客さんに、どのような気持ちになって欲しいのか?
  • お客さんのどのような悩みを解決したいのか?
  • 自分たちにとっての喜びは何か?

などなど、きちんと言語化して文章にまとめましょう。何かのきっかけがあったから、あなたは今のビジネスを始めていると思います。そのきっかけは一体何だったのでしょうか?

または、何かを成し遂げたいと思うから、今のビジネスを始めていると思います。その成し遂げたいことは何でしょうか?そういうことを思い出しながら、企業理念や想いを書いている過程で、あなたのハートの奥底がだんだんと熱くなってくるはずです。そして気が付くはずです。

「これが自分が本当にやりたかったことなんだと、、、」

その情熱が、その熱い想いが、止まらなくなってきたら、その熱さが集中力をグングンと高め、作業スピードが猛烈に向上します。なんか精神論ばかりで申し訳ありませんが、本当に重要なことなんです!

なんだろう、この一人で盛り上がってる感!!!とにかく、あなたに伝えたいことなのです。そして、理念や思いが徐々に明確になってくると、

  • お客さんに伝えるべきこと
  • お客さんに知ってほしいこと

これらが同時に明確になってきます。これが、あなたが最初に作るべきコンテンツで、ホームページ作成のしっかりした軸を持った一貫性のある「芯」になるのです。

軸を持った「芯」ができると、どうなる?

しっかりした軸を持った一貫性のある「芯」ができれば、ブレません。ですから、ホームページ全体に一貫性が出てきます。一貫性が出てくると、相手にメッセージが伝わりやすくなります。

  • コンバージョン率(成約率)が向上します
  • 何を伝えればいいか?が明確になります
  • コピーライティングの全体戦略が明確になります
  • キャッチコピーも作りやすくなります
  • 必要なコンテンツが明確になり構成が簡単になります

おそらく、個々のコンテンツに悩みながら作成するよりも、「経営理念や社長の想い」コンテンツを作った方が、作業スピードは早くなると思います。

そして、コンテンツを作るときも、言葉に魂が乗っかっています。上っ面な言葉だけでなく、あなたが発する言葉に言霊が乗っかることによって、言葉の重みが変わってきます。この言霊により、お客さんが反応し始め、あなたの言葉に反応するお客さんがホームページを見に来てくれるのです。しっかりした軸を持った一貫性のあるホームページになるわけです。

 

最後に

熱く語ってしまいましたが、最初に作るべきコンテンツは、絶対に「経営理念や社長の想い」です。そこから全てが始まります。逆にそれがなければ、何も始まりません。

「経営理念や社長の想い」を書きましょう。それをホームページに大々的に公開しましょう。誰も笑う人なんていません。どれだけあなたが熱く、そこに情熱を傾けているのかをしっかり見ているのです。情熱のない人にお客さんは依頼することはありません。情熱があるから「この人なら、なんとかしてくれるかも、、、」と頼りにするのです。精神論的な話が多かったですが、あなたのことを伝える最も重要なコンテンツになります。

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:高松さん

弊社クライアントさまの実績としては、、、

  • 製造業の機械製造業メーカーが官公庁から、3200万円の新規受注を獲得
  • 法人向け美容系商材が、1億2000万円の新規受注を獲得
  • セルフジェルネイル教室のサロンが、月商200万円突破

これが『ビジネスコンセプト』の威力です。

ブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。一億円の売上をつくるスーパー営業マンは、商品を売り込みに行っている訳ではありません。お客さんの人生を変えるための提案をしているだけです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。

最高のラブレターを書きましょう。詳細は、弊社クライアントさまの体験談『お客さま事例のご紹介(福岡市の整体院)』をご覧ください。

▶【無料ebookプレゼント】成約率UPの専門家が教える!
『ブログ成約率を3倍UPさせるコンテンツ101』

●【何が書いてあるの?】

山下裕司「一度試してもらえれば、商品の良さを分かってもらえるのに、、、」とお悩みのあなたへ。

成約率(CVR)を向上させる基礎コンテンツ101個を113ページに渡って詳細に解説しています。ただ、101個の全てを作らなくても、わずか10個でも作れば、あなたの会社の集客に大きな変化をもたらすことも可能です。

この無料PDF書かれている具体的な内容を使えば、あなたの商品やサービスを魅力的に伝えることができます。『だから売れます!!』難しい言葉は一切使わずに説明していますので、簡単です。

●【実践された方の結果】

小さな会社でも「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム工業・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・コクヨ・官公庁」など大手一流企業と、新規取引先を広げている企業も多数あります。是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。

Ebookダウンロード

 

マーケティング
HMPをフォローする
見せれば売れる会社事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました