イケてる社長。イケてない社長。

この記事は約5分で読めます。

イケてる社長。イケてない社長。

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

イケてる社長。イケてない社長。実は、先日、東京のホテルで行われた経営者向けの勉強会に参加したときのこと。久々に「こんな大人になりたくない、、、」と見事に当てはまるイケてない社長に出会いました。今日は、その時のことをお伝えしようと思います。

 

イケてる社長。イケてない社長。

ある経営者の勉強会に参加して、、、

勉強会などには、ほとんど行かない僕が、何年か振りに「これは行きたい!」と思った、参加費が数十万円する、そこそこの勉強会だったんです。

その勉強会には100人以上が参加していまして、円卓のテーブルが10卓以上あり、10人が座っている状態。参加者は、45〜60歳くらいの経営者が多かったと思います。会場には、僕の知り合いのクラシックカーや、ヨット、ワインや葉巻で一緒に遊んでいる方も、何名かいらしてました。

経営者が集まった勉強会も濃密な時間が過ぎていき、懇親会の時間へ。軽くお酒を飲みながら、同じテーブルの人同士でビジネスや遊びの話をしていたんです。

老舗料亭の社長さんは、日本の自然環境の現状の問題を話したり。

広告代理店の社長さんは、見せたい本当の世の中の姿を日本では、なかなか伝えられないメディアの現状の問題点を憂いて、自社サイトを制作し、そこから世界に発信しているといった活動について話したり、、、。

お客さんのため、未来を背負う子どもたちのため、地域のため、日本の将来のため、業界のため、etc、、、。

そういった「上位概念を考える」ような突き詰めた勉強会なので、みな「自分の会社」を超えたもっと大きな範囲を「自分ごと」だと捉え、もっと大きな問題解決のため、もっと大きなミッション達成のために、苦しみ、悩み、もがきながら仕事をしていました。

全くイケてないな、、、この男

そんな中、僕のテーブルにいた一人の歯科医院の経営者の順番になり、その人は話はじめました。自分は働かずに、スタッフにまかせているので、働かずにたくさんのお金を稼いでいる。高いワインを飲んでも、どれだけ遊んでも、使い切ることはないから貯まる一方だと。遊んでても寝てても金が入ってくるので、だから暇つぶしに、たまにこういった勉強会に参加している。、、、と。

そして、「金儲けがヘタクソで、真面目に働いてる人を見ると、なんか可哀想に思える」と、、、。

こういう堕落していくカッコ悪い大人がいるから、日本がダメになっていくんだと。やる気のない、夢のない子どもがいるのは、こんなカッコ悪い大人が目の前にいるからで、大人になりたくないという子どもが増えているのも納得してしまいました。

無茶苦茶「こいつ、カッコ悪いな〜」と、少なくとも僕よりも10歳は年上の先輩経営者に向かって言うのも失礼かもしれませんが、こういうやつが日本をダメにしてるんです。

たぶん、同じテーブルにいた人は全員、ほぼ僕と同じような感想を持っていたんじゃないだろうかと思います。

・夢がない男はカッコ悪いんです。
・上を見ない男はダサいんです。
・カッコよくない男はダメなんです。

すでに十分稼いでるなら、金の話はもういいだろう。

イケてる男とは、、、

特に稼いでる男は、もっともっと遊ばないとダメですよ。例えば、頑張って仕事でして、お金儲けデキるようになった。でも、そんな男が太ってて、ファッションもダサダサで、香水を付けることは出来ても、纏うことすらも出来なくて、お金以外で女性にモテる要素がないなんて、絶対にダメでしょ。

男は浪漫の生き物ですよ。

何にもチャレンジしてない男の話ほど、退屈なものはない。話が面白くない。楽して遊んで暮らしている人より、ビジネスにチャレンジしたり、ヨットの冒険にチャレンジしたり、クラシックカーの冒険にチャレンジしている、夢に向かっている人の話を聞きたいのですよ。

あなたより金儲けが上手い人は、世の中に星の数ほどいる。世界中の符号が集まるモナコ公国に行けば、住人の35,000人のほぼすべての人が、あなたより金持ちだ。

チャレンジしない男は、話もつまらんのです!

今までできなかったことを、できるようにする。そんなチャレンジする生き方をしている人が魅力を感じないでしょうか?

人生を楽(ラク)しむのではなく、どんな困難でも人生に起こる全てを愉しみ尽くす生き方の方が、人生は面白くないでしょうか?

僕は、夢をどんどん叶えるチャレンジする男になるぞ!!!

イケてる社長。イケてない社長。
あなたはどっちがいい???

PS:「とんでもない成果」を出したいと願う人と仕事したい!

この「見せれば売れる会社事典」は、集客アップのためのコンサルティングサービスですが、今の自分の出せそうな結果しか求めない人、つまり「よりよい成果」を出したいと思う相手との仕事はつまらなく感じています。やっぱり「とんでもない成果」を出したいと願う相手との仕事は興奮します。

実績として、弊社クライアントさまが、防衛省から3200万円の新規受注を獲得したり、法人向け美容系商材が1億2000万円の新規受注を獲得したり、印刷会社が月商1300万円を超える受注を獲得したりなど。

ブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。一億円の売上をつくるスーパー営業マンは、商品を売り込みに行っている訳ではありません。お客さんの人生を変えるための提案をしているだけです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。

最高のラブレターを書きましょう。

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:島原さん

詳細は、BtoB 製造業の生産財を生産・販売している弊社クライアントさまの体験談『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置:機械製造業)』をご覧ください。

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

社長ブログ
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました