集客UPのためのブログのビジネス活用法 【導入編】

この記事は約6分で読めます。

集客UPのためのブログのビジネス活用法 【導入編】

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日は、クライアントさまである、小型産業用ロボット開発・設計・製造を長年やっている田中社長より質問を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-16-07-08【質問】:ブログは、ワードプレスを自社ドメインにして公開しているのですが、セミナーのお話では、アメブロなどが良いとされていました。

自社ドメインでブログをする方が格好良いし、自社サイトと同じドメインなら検索にも有利かと思って使用しているのですが、xmlなどの広がりが、アメブロなどより劣っていたら意味がないかという気になってきました。

自社ドメインブログはメリットがあるのでしょうか?

という質問をいただきましたので、今回は『集客UPのためのブログのビジネス活用法 【導入編】』という内容でお答えします。

 

A【答え】:アメブロでもワードプレスでも、どちらでも集客することは可能です。

どちらを選ぶかはあなたの状況次第ですが、一般的に短期間で結果を求めたいならアメブロをオススメ。長期間のビジネスで時間をかけてブログを育てられる方は、ワードプレスをオススメします。

 

集客UPのためのブログのビジネス活用法 【導入編】

自社ドメインブログ、アメブロ、どっちがメリットがあるの?

アメーバブログの効果的な活用法

ブログのビジネス活用については、弊社のセミナー でお話しする機会が多くなって来ましたが、中でも私はWord Press(ワードプレス)をお薦めしています。

ここでの考え方は以下の2つから判断します。

  • 1つ目は、ブログで何の売上を上げるのか?ということ。
  • 2つ目は、何を書くのか?ということ。

まず、アメーバブログであっても自社ドメイン+ Word Press みたいなカタチであっても、成功する人はどちらでやっても成功していますから、一概にどちらがいいというのは、条件がないといえません。

ですので、1.2.の条件を書いたわけですが、まず、ブログを売上に直結させようと思う場合、「何」を売っているかが重要です。弊社のように、コンサルティングサービスのような「目に見えないもの」を売ってる場合は、「人」を見せることがすごく重要です。SEOは結果が出ますので目にも見えますが、モノではないので、「あ!これ買おう!」と思って衝動買いをすることはあまりありません。

ということは、何度もブログを訪れて、その後、必要なときに買われるわけですから、信頼感という意味で、「人」を重要視される場合が多くなります。そして、そのときにこそ、アメブロでブログを書くことを強くお薦めしています。今更、アメブロですか?という感じではありますが、アメブロはとにかく「つながり」が持ちやすい。 

まず、大きな特徴としては「プロフィールを充実させられる(=「自分」を伝えやすい)」ことがありますが、その後、「ペタ」や「コメント」や「メッセージ(コメントとはまた別)」や「アメンバー(ここまでくればもはやSNS!)」と、段階的に、親近感を深めていくことができます。

これは、利用者が多いブログサービスの中ではアメブロだけの特徴で、つながりができると、そのブログでの信頼感によって、お客様のほうから「いざ!」という時に、サービスや商品を「買ってもらえる」ことに非常につながりやすくなります。

そして、ブログを介しているから(ずっと読んでくれているという意味で)、「売りたくない客」に買われる心配が少なくなるのも、良いスパイラルが回ってよいことの1つです。

自社ドメインを最大限に活かすには?

では、次の視点から。

自社ドメイン+ Word Press (弊社では無料で使えるワードプレス(Word Press)をお薦めしています。)を使ってブログを行うのは、どんな場合に適しているのか?

 

それはズバリ、、、

  1. 専門的なことを常に書き続ける場合
  2. アルファブロガーになるつもりで書く場合(多くの読者を持つ者)

です。

しかし、自社サイトのドメインと別だとするとそれはあまりよくありません。仮に自社サイト(企業サイトでも販売サイトでも)のドメインが、『www.abc.com』だったとします。それに対して、ブログを独自ドメインで、『www.abc.net』などと作ってしまうと、いろんな意味で効果が激減します。

何が激減するのかというと、、、

  1. せかっくブログを書くのに自社サイトのボリュームが増えない(SEO効果の高まりが期待できない)
  2. 商品を買うときに違うサイトに行かなければいけない(売れる可能性が減る)

ということです。

ですので、Word Press(ワードプレス)などを導入する場合には、新たにドメインを取得するなどではなく、商品やサービスを売りたい自社サイトのドメイン下にディレクトリを切って設置するのが好ましいです。そして、わざわざサブドメインなども作らずに、『www.abc.com/blog/』という感じで設置しましょう。

そうすれば、特にGoogleの QDF(Query Deserves Freshness)日本語で表すと「新鮮さに見合うクエリ」といった観点からも、思いがけない売上を思い通りに上げることができるようになったり叫び します。

QDFについては、また今度、詳しく説明しますね。

 

最後に

ということで今回の回答は、アメブロでもワードプレスでも、どちらでも集客することは可能です。どちらを選ぶかはあなたの状況次第ですが、一般的に短期間で結果を求めたいならアメブロをオススメします。それは、こちらからアプローチできるからですね。

長期間のビジネスで時間をかけてブログを育てられる方は、ワードプレスを使って、コンテンツをしっかりと書いていくことで、大きな安定したアクセスが見込めアルファブロガーを目指して行くことをオススメします。

今日は「タメになるお話」のつもりで書きましたが、皆さまいかがでしたでしょうか?福岡の中小企業経営者・Web責任者の皆さまで分からないことがあれば、いつでもご質問下さい。私、山下裕司 が、公開回答いたします。今回ご質問いただきました田中社長、誠にありがとうございました!参考になれば幸いです。

ブログで集客するには、、、?

アメブロでもワードプレスでも、どちらにも長所と短所がありますが、どちらでも集客はできます。弊社クライアントさまが、防衛省から3200万円の新規受注を獲得したのはワードプレス、法人向け美容系商材が1億2000万円売れたのはアメブロ、セルフジェルネイル教室のサロンが月商200万円突破した時はアメブロでした。

ブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。一億円の売上をつくるスーパー営業マンは、商品を売り込みに行っている訳ではありません。お客さんの人生を変えるための提案をしているだけです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。

最高のラブレターを書きましょう。

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:武田さん

詳細は、弊社クライアントの体験談『お客さま体験談(不動産賃貸物件:空室対策の専門家)』をご覧ください。

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

マーケティング
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました