成約率(CVR)を向上させるコピーライティング力の向上!!

この記事は約6分で読めます。

ぜひとも身に付けたい書く力!コピーライティング力の向上!!

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日は、クライアントさまである、サーバーラックの製造・販売をやっている社長さんより質問を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-16-07-08【質問】:ブログからの売上を伸ばしたく、売れる文章を書いてブログ成約率を上げたいです。そのためには、コピーライティング力が必要だと考えています。

コピーライティング力を身につける方法として、普段どのようなことをすれば身に付くのでしょうか?具体的な方法を教えて下さい。

という質問をいただきましたので、今回は『コピーライティング力を向上させよう!!!』という内容でお答えします。

 

A【答え】:自分でコピーを書くというなら、これはとにかく毎日ブログを書くという習慣を身につけましょう。数稽古で練習するしかありません。

それよりも、もっと早く上達したいなら、自分が購入したセールスページや心を動かされた文章の写経することもオススメします。写経して、文章を書くという習慣が、最も力を付ける道です。

 

成約率(CVR)を向上させるコピーライティング力を向上させよう!!

コピーライティング力は、必須の時代

インターネットのwebサイトやブログで集客していくときは、文章で書いて伝えるので、この「コピーライティング」の力は非常に重要です。

この書くということは、最初慣れないときは、非常に難しいと思います。日本語が話せるのと、書くという能力は全くの別物です。行動を促すような(購入や参加)文章を書くには、人の心を動かす必要があります。そのような文章を書くのは、難しいです。

だからこそ、書く力を付けるために、書く練習というのが必要となります。

まず、コピーライティング力を身につけるためには、最初に「書くことに慣れる」ということが重要です。そのために、オススメするのがブログです。自分の考えていることを、言語化して文章にする、もっとも適したのがブログだと思います。書き続けていけば、ビジネスにも使えますので。

書くときに、最も注意すべきポイント!

そのときに注意するポイントが、「誰に対して」ブログを書くのか?ということです。どういう人が読むのかを意識していないと、ただの自分の感想だけになってしまいます。有名人でもないあなたの日記を読みたいと思う人はいません(笑)そのブログで、人の心を動かすことは非常に難しいです。

一番のオススメは、あなたのお客さまを思い浮かべて欲しいです。そして、そのお客さまの中でも一番のお得意様です。本当に初めてブログを書く人は、自分のビジネスのことでも構いません。まずは、書いて慣れるということが必要ですので。

ある程度、ブログを書くことに慣れている人は、「お客さまの役に立つ情報」をブログに書くようにしましょう。ブログを読んでもらうためには、読み手が必要だと思う内容でなければ読まれません。

「誰に向けて、何を書いているのか?」

私もメールマガジンやブログを書いていますが、いつも立ち返るのが、これは「誰向けに、この文章を書いているのか?」ということ。そして、「何を伝えようとしているのか?」を明確にして、ブログを書くという練習をやってほしいです。

ここは非常に重要なので、特に意識して書いて欲しいのですが、ビジネスをやる上で、この「誰に向けて、何を書いているのか?」というのは、非常に重要なポイントになります。この2つのポイントを抑えて文章を書かないと、誰にも響かない文章になってしまいます。

そしてブログをつくるということは、もうそのブログを一生かけて育てるという覚悟を持って作って欲しいです。ブログというものの特性を考えると、日々更新することが重要です。アイドルや著名人出ない限り、ブログをつくっていきなりアクセスが集まることはありません。注目を集めるブログに育てなければ、何の反応もありません。

ですので、「コピーライティング力を身につける」ためには、毎日10000文字以上のブログを毎日書くという練習をやることで、徐々に徐々に力がついて来ると思います。とにかく最初は、書くことに慣れて、自分の頭の中にある思考を言語化して文章にするということが重要です。

書く力を付ける早道は『写経』

もう一つ、「コピーライティング力を身につける」ために重要なポイントは、写経するということです。写経とは、仏教において経典を書写することです。私が言っているのは、経典ではなく、今まで、あなたが心を動かされた物語や本を書き写すということです。

あなたの心を動かしているのですから、人の心を間違いなく動かしている素晴らしい物語や本のはずです。それを写経して文章の構成や言葉の使い方、言葉選びなど、プロの小説家や書き手の思考をまるごと勉強しようとするものです。

「コピーライティング力を身につける」ためには、今まであなたが購入したセールスページをもう一言一句、そのままノートに手書きで書き写しをするのです。私も心動かされた文章やセールスページなど、目的に合わせて、かなりの数を写経してきました。

書いてみることで「作者はこう言うことを伝えたいのか!!」とか「こういう言い回しをしているのか!」とか「この言葉をこうやって使うのか!」いった、普段、読み物として読んでいるだけでは気付かない細かな言い回しやテンポに、はじめて気付くことが、たくさんあります。

気付くことができたポイントは、自分が文章を書くときに応用できます。気が付かなければ、応用することもできません。文章上達の道は、「他人を真似する」ところから入った方が、早く上達します。中には小説家の方も文章を書く前に、写経して文章を書き始める方もいらっしゃるそうです。

「書く」のと「編集する」のは別

文章を書くのと、書いた文章を編集するのは、全くの別ものですので、分けて作業やりましょう。書くのと編集するのを同時にやろうとすると、集中できませんので、書く時間がかなり遅くなります。ですので、まずは書く。その後、編集するという風にしましょう。

私自身も書くということは、得意ではありませんでした。トヨタ時代は毎日、業務の報告書を書いていましたが、報告書と人の心を動かす文章は別物です。今でも、書くときは書くのみです。まずは思ったままを書き出してみる。誤字脱字や、言葉選び、文章構成なども考えず、まずは思ったままを書き出します。

詳しくは『ぜひとも身に付けたい!web集客力を高めるアウトプット力』を参照ください。

 

最後に

コピーライティング力を向上させるには、毎日ブログを書くという習慣を身につけましょう。ブログから集客や販売をしたいと考えている人は、とにかく慣れなくても慣れましょう。これは数稽古で練習するしかありません。

それよりも、もっと早く上達したいなら、自分が購入したセールスページや心を動かされた文章の写経することもオススメします。写経して、文章を書くという習慣が、最も力を付ける道です。

ただ、、、

ブログの成約率を上げるには、コピーライティング力だけでは物足りず、「何をいうか?」というコアとなるベネフィットを見つけられるか?というリサーチ力も必要です。

コピーライティング力が付くと、、、?

コピーライティング力が付くと「成約率を一晩で2倍にする」可能になります。ちょっと大げさな話に聞こえるかもしれませんが、実は大袈裟な話ではないんです。マーケティングの世界では、実際によくある話なんです。

弊社クライアントさまが、防衛省から3200万円の新規受注を獲得したときも、セルフジェルネイル教室のサロンが月商200万円突破した時も、コピーライティング力を高めたことが、成果に繋がりました。

ブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。一億円の売上をつくるスーパー営業マンは、商品を売り込みに行っている訳ではありません。お客さんの人生を変えるための提案をしているだけです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。

最高のラブレターを書きましょう。

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:島原さん

詳細は、BtoB 製造業の生産財を生産・販売している弊社クライアントの体験談『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置:機械製造業)』をご覧ください。

▶︎【この記事を書いた人】
山下 裕司

トヨタで自動車製造の品質管理を14年間担当。その後、日本の製造業の強みである「品質」コンテンツで、営業力を高めることを目的としたwebサイト「工場営業力」を立ち上げ。

現在は、お客様からのご要望が多いため、企業の新しい領域への挑戦を支える管理職を対象とした「課題解決力UP」研修を行う。

「自分が好きなことや得意なことが、自分の人生を必要十分なほど豊かにしているわけではない、、、」ということに気付き、プロトコール(国際教養)を学び始める。

40歳を超え、未経験からディンギーヨットで世界の海峡を渡り、楽譜も読めない未経験者でもビッグバンドでテナーサックスを愉しむ。という未来の自分が今の自分を見て「OK!」という人生に挑戦中。

タバコの匂い嫌い&ビール党の人間から、葉巻とオールドヴィンテージワイン(仏)をこよなく愛す男に変わりました。私も毎日頑張っています。

山下 裕司をフォローする
▶部下の課題解決力を高めたいとお悩みの社長様へ

もしあなたの部下が、、、

  • 積極的に課題へ取り組む気持ちが見えない。
  • 指示待ち状態になっている。
  • 説明・説得力の能力が低い
  • 自部署を発展させることが自分の仕事だと思えていない。
  • 個人の強みを知り、もっと活かしてあげたい!

など、人材育成でお悩みなら、お気軽にご相談ください。人は必ず変わります。

▶︎お問い合わせへ進む

マーケティング
山下 裕司をフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました