「マーケティング」の正しい意味を分かっていますか?

この記事は約6分で読めます。

「マーケティング」の正しい意味を分かっていますか?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日も、なかなか集客できないと悩んでいる方に向けて。先日のコンサルティングの中で、クライアントさまである、生コンクリート屋の社長さんより、以下のような質問を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-16-07-08【質問】:ホームページで売上アップさせるために、いろいろ勉強したが、専門用語が多くて分からなくなってきました。とくに「マーケティング」という言葉の定義をごちゃごちゃにしまっています。分かりやすく教えてください。

という質問をいただきましたので、今回は『マーケティングの正しい意味を分かっていますか?』という内容でお伝えします。

 

A【答え】:簡潔にお伝えすると、マーケティングとは『商品を買うお客さまを集める行為』のことです。だから、商品を売る行為とは別なんです。マーケティングは、商品を買うお客さまを集めるんだから、集まったお客さんは商品を買ってくれるわけです。

一方で、セールスっていうのは「買うまでの興味」がない人に対して商品を売る直接的な行為になります。

 

「マーケティング」の正しい意味を分かっていますか?

マーケティングとは『商品を買うお客さまを集める行為』のこと

あなたは、マーケティングって何のことかご存知でしょうか?

意外でした。これは、意外でした!完全に盲点でした。コンサルティングの中で、「マーケティングってよくわからない、、、」ということを、勇気を持ってお伝えくださった生コンクリートの社長のおかがで、しっかりとマーケティングについて、お伝えできる機会を頂きました。ありがとうございます。

しかし、まだまだ「マーケティング(marketing)」という言葉は、正しい認知が薄いのですね。聞いたことあるけど、その意味まではハッキリ分からないという方多いのではないでしょうか?

せっかくこのブログをお読み頂いていますので「マーケティングとは?」っていう言葉をきっちり抑えておきましょう!

Wikipediaで「マーケティング」という言葉を調べると、このように出てきます。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。(Wikipediaより引用)

この説明だと、マーケティングに関わっている人や経済学を勉強した人には分かるかも知れませんが、勉強してなくて、用語に慣れてない人にとってみては、ちょっと分かりにくいかもしれません。

 

マーケティングのよくある2つの間違い

ですので、まずは、よくある2つの間違いからご紹介しましょう。

●【その①】

「あ~!!マーケティングって、いろんなデータを調査することでしょ?」

ガーン、、、悲しくなりますね。それってたぶん、リサーチ(市場調査)のことですよね?これよくある間違いです。リサーチをすることがマーケティングだと思っている人。違いますよ!!

リサーチについては、こちらの『集客問題を解決させる!注意すべきリサーチ3つのポイント』を参照下さい。

●【その②】

「マーケティングって、物を売ることでしょ?」

ガーン、、、悲しくなりますね。それってたぶん、セールスのことですよね?ちゃいます!ちゃいます!違うんです。それはセールスですね。セールスのことも理解できてない人もいると思いますので、以前、セミナーで頂いた質問の回答をこちらでご紹介します。こちら『質問を頂きました。煽るセールスじゃないと売れないの?』を参照ください。

 

じゃ、マーケティングって、何???

ということで、さっそく正解をお伝えしますと、マーケティングっていうのは『商品を買うお客さまを集める行為』のことです。だから、商品やサービスを販売(売る)行為とは別なんです。

マーケティングでは、商品を買うお客様を集めるんだから、集まったお客さんは商品を買ってくれるわけです。それに対して、セールスっていうのは、「買うまでの興味」がない人に対して商品を売る直接的な行為ですね。

詳しくは、こちらの『マーケティング(marketing)とは何か?』を参照して頂ければ分かりますが、マーケテイングは「企業活動のうち、商品・サービス等の企画・開発から市場調査・広告・宣伝、販売促進、店舗の設置、営業、集客、顧客の情報管理」等、広い範囲を含みます。

これで、すごく明確に違いが分かってもらえたんじゃないでしょうか?

 

マーケティングを行えば、セールスに頼らなくていい!

儲かるネタなんてものはありません。ビジネスは自分で作るものです。儲かる商品を持っている人には、いいマーケターが近づいてきます。その売れる商品には「コンセプト」が必要です。だから、ビジネスコンセプトが重要だと、僕は常にお伝えしているのです。

ビジネスコンセプトをきちんと作り込むと、激しいセールスや売り込みをしなくて済みます。煽らなくてもお客さんが商品やサービスを買ってくれます。それは、コンセプトが明確で、丁寧にきちんとしてた方が安心感があるからです。

コンセプトが決まってない商品やサービスは、欲望をかき立てるために激しいセールスになりますが、激しいセールスであればあるほど、お客さんの不信感が高まってきます。売れないからと、さらに煽ってしまうと「信じられない、、、」という気持ちが強くなって来ますので、煽れば煽るほど、欲望も燃えないし、不信感も強くなるので売れなくなってくるんですね。

大切なのは、信頼です。インターネットの世界は、実際に会うことができません。だから信頼できる人が少ないという人が、まだ実際多いです。だからこそ、信頼を強くするためには、セールスを弱くする必要があります。セールスを弱くしても売るために、ビジネスコンセプトを作り込むことで、セールスの部分を補ってくれます。だから、煽らなくても売れるんですね。

 

マーケティング成功の鍵は、「ビジネスコンセプト」

コンセプトの出来がいいほど、静かにセールスができてしまいます。信頼があるのでセールス力が小さくていいんです。ですので、弊社はマーケティング活動を積極的に行うことで、コンテンツ制作 やコンサルティング のお客さまをこれまでに200社以上も得ていますが、逆に、たとえ無料セミナーであっても一切の営業(セールス)活動をしていません。 

そんなマーケティングに興味のある社長さまは、ぜひ、弊社にお声掛けください。きっちりとした予算があれば、私にできないマーケティングはありません!

※ビジネスコンセプトについて、詳細は『企業売上に直結するビジネスコンセプトとは?』を参照ください。

 

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:島原さん

大阪でパーツフィーダー製造を行う町工場の島原さんの会社「シマテック」には、営業マンは一人もいません。全て、webサイトからの受注です。今では、一部上場の大手一流企業や官公庁との取引を獲得するまでになっています。

商品価値を伝えるwebサイトやブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。最高のラブレターを作りましょう。

詳細は、BtoB 製造業の生産財を生産・販売している弊社クライアントさまの体験談『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置:機械製造業)』をご覧ください。

新規顧客が獲得できる!『見せれば売れる会社事典』
101の集客UPコンテンツを無料提供します。

「一度試してもらえれば、商品の良さを分かってもらえるのに・・・」とお悩みのあなたへ

山下裕司

●【何が書いてあるの?】 

「見せれば売れる会社事典」のコンテンツ101種類を113ページに渡って詳細に解説しています。ただ、101種類の全てを作らなくても、わずか5つでも作れば、あなたの会社の集客に大きな変化をもたらすことも可能です。

●【内容】

 この無料PDF書かれている「会社事典」を作るための具体的な内容を使えば、あなたの商品やサービスをスーパー営業マンが伝えるのと同じように魅力的に伝えることができます。『だから売れます!!』難しい言葉は一切使わずに説明していますので、簡単です。

●【誰が教えるの?】

小さな会社を売上UPさせる「見せれば売れる会社事典」の山下裕司が丁寧に解説しています。

●【実践された方の結果】

小さな会社でも「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム工業・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・コクヨ・官公庁」など大手一流企業と、新規取引先を広げている企業も多数あります。是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。

Ebookダウンロード

 

マーケティング
HMPをフォローする
見せれば売れる会社事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました