ブログ集客の基本!SEO(検索エンジン最適化)とは?

この記事は約16分で読めます。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

今日も、なかなか集客できないと悩んでいる方に向けて。先日のコンサルティングの中で、クライアントさまである、自動車整備工場に向けてブログ集客サービスしている社長さんより、以下のような質問を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-16-07-08【質問】:弊社では、全国の自動車整備工場に向けて、集客するためのブログ集客コンサルティングを行っています。

その中で、SEOでよく分からない事があったり、クライアントさまとどのように接すれば良いのかという事で不安を感じていますので、その不安を解消したいです。

という質問をいただきましたので、今回は『SEO(検索エンジン最適化)とは?』という内容でお伝えします。

 

A【答え】:今回は、SEO(検索エンジン最適化)についての基礎的なことをお伝えしました。とは言っても、基礎的なSEO対策を知ることで、今までSEOで悩んでいたことのほぼ全てが解消できる内容となっております。

最も重要なことは、検索ユーザーが求めることをそれ以上の答えで返すことです。しっかりとお客さまのリサーチをして、求める事以上の答えを返してあげましょう。それがSEO対策になります。

 

検索エンジンとSEO(検索エンジン最適化)の関係

SEO(検索エンジン最適化) とは?

SEO とは、『Search Engine Optimization』の略で、それぞれの頭文字から SEO といいます。ちなみに、日本語で言うと『検索エンジン最適化』です。簡単に言えば、検索エンジンで正しく評価されるための施策です。上位表示するためのテクニックとかではありません。

現在、検索エンジンと言っても、たくさんの検索エンジンが存在しています。代表的な検索エンジンなどは Google や Yahoo になります。そして、それらの検索エンジンには、アルゴリズムがあり、そのルール通りに最適化を行えば、結果的に上位表示が可能になります。しかし、アルゴリムは日々進化しています。それらのアルゴリズムの研究をし、解明することによって、検索エンジンに対しての最適化を行なうことが可能となり、最終的には、検索結果で上位表示させることが可能となります。

当然ですが、Google や Yahoo がそれらの重要な検索基準(アルゴリム)を公開する事はありません。(公開したら、検索結果がめちゃくちゃになりますよね?)全てはブラックボックスの中に厳重に保管されています。しかし、検証を重ねることで、確実ではないですが、効果が出るやり方などが存在しているものも事実です。このページでは、そんなページを最適化させるノウハウをお伝えします。

 

SEOと検索エンジンの関係

一般ユーザーが、インターネットで自分の探したい情報を得るときには、多くの人が検索エンジンを使っています。最近では、facebook や Instagram なども多く使われています。

検索エンジンからのアクセスを、自分のサイトに誘導することが出来るような魅力的なコンテンツを作ることができれば、売上は伸びるわけです。ですので、検索エンジンに自分のwebサイトやブログが、上位表示されるようにしなければなりません。検索エンジンやユーザーからお墨付きをもらえれば、晴れてwebサイトが上位にきます。これが SEO(検索エンジン最適化)です。

つまり、SEO とは検索エンジンが好むアルゴリムズ(検索エンジンが上位表示させるために決めているルール)に、最も適合させることができたwebサイトが、上位に表示させることができる仕組みになっているのです。

 

キーワード(keyword)

SEO とキーワードの関係

SEO対策では、検索エンジンで売上アップを狙う場合は、ユーザーが求めることとキーワードがずれていると、すべてが上手くいきません。webサイトを作成するときに一番最初に行うこと、それはキーワードを決めることです。キーワードが書かれたページが検索されるというのが、検索エンジンでは基本中の基本です。

また、検索エンジンは、ホームページのTOPページに書かれているキーワードを一番重視します。同じキーワードであれば、ページの内容がそのキーワードについて詳しく書かれている方が上位表示されます。また、ページの内容が同じような内容であれば、キーワード重み付けが高い方が上位表示されます。これが SEO の構造なのです。

このキーワード選びを失敗すると、本来、売りたい商品やサービス、またはリスト収集 という目的で、SEO対策を施しているのに、コンバージョン率(CRV)が極端に低くなるということです。

キーワード選びで大切なことは、ユーザーのニーズ、キーワード、そしてあなたの提供している商品やサービスとのマッチングのセンスが必要になります。キーワードの選定が上手く出来ていないと、いくらすばらしいSEO対策をしたとしても、成約することはなく、ただアクセスを垂れ流している状態になります。

あなたは、検索エンジンに上位表示させるのが目的ではなく、商品やサービスを販売することが目的です。その目的達成のためにSEO対策をしていることを忘れないでください。まず、はじめの一歩であるターゲットキーワードの選定。これが非常に重要です。

では、どうすれば良いのか?

それは、「お客さま目線」を意識してキーワードを選定することです。SEO対策をするとき、検索ユー ザーの心理をきちんと理解できるかどうか?鍵になります。商品提供する側はどうしても、売り手目線で考えがちですが、そうではなく、あなたが扱う商品やサービスを探しているユーザーが、「何に困っていて、どんな検索キーワードを入力するのだろうか?」というお客さま目線で、キーワードを考えることが、検索エンジンで売上を伸ばす大きなポイントになります。

キーワードの選定自体にテクニックはありませんが、キーワードの選定の良し悪しで、効果的なSEO対策ができるかどうかが決まると思います。

ポイントとしては、ビックキーワードで上位表示を狙った場合、現在、すでに上位表示している競合のライバルサイトに勝つためには単純にそれを越えるSEO対策が必要で、それには時間と労力とお金がかかります。しかも、「歯医者」というようなビックキーワードは成約できるキーワードではありません。ビックキーワードのアクセス数は確かに多いのですが、ターゲットを絞りきれていないため、コンバーション率(CRV)は低いということになります。

逆に、アクセスはビックキーワードよりも少ないが、コンバージョン率(CRV)のより高いキーワードが存在します。ミドルキーワード、スモールキーワードにも関わらず、検索ユーザーの目線、検索時のユーザーの思考になって、考えることによって生まれるキーワードです。そしてそこから儲かるキーワードが見えてきます。あなたが普段ネットで買い物をする時の購買行動時が、キーワード探しの一番の参考になるのです。また、ネットショッピン グが好きな友人などがいたら、どのように買い物をしているかを聞いてみるもの、ともて参考になるかと思います。

しかし、そこにもSEOでのライバルは必ず存在します。そのキーワードで参入するかどうかを決めるには、徹底したライバルサイトの分析が必須になります。そこで上位表示させるのに、どれだけの時間と労力を使えば上位表示できるかということを、きっちり予想することができるかが非常に重要です。

あなたの競合ライバルは、ビックキーワードだけを狙って利益を伸ばしているのではなく、ミドルキーワードやスモールキーワードでも、しっかりと上位表示させ、利益を大きくしているのです。キーワード選定のポイントやライバルサイトの分析などをしっかりと押さえ、ターゲ ットキーワードの属性に沿ったバックリンク群からバックリンクを供給すること、そして きちんとした SEO 対策を施せば、上位表示が可能になり新規顧客の獲得が可能になります。

 

アクセス解析から分かる、ロングテールアクセス

あなたは自分のwebサイトに、アクセス解析を入れていますか?私がお伝えしているアクセス解析と言うのは、単純にアクセス数を教えてくれるものではなく、見込み客がどんなキーワードでwebサイトにアクセスしてきて、どのくらいそのサイトに滞在していたのか?サイトのどこの部分のリンクをクリックしたか?という細かいデータを知ることができます。

webサイトを運営するにあたって非常に大切なことです。アクセス解析によってSEO的にアクセスが2種類あることをご紹介して、コンバージョン率が高いキーワードを自分の力で見つける方法を紹介します。

2種類のアクセスとは?それは狙ったキーワードでのアクセスとロングテールキーワードでくるアクセスです。サイトを作るときにはまず、自分でキーワードを決めて、それに沿ってサイトを作ります。そのときに、ある程度自分の中で、検索されるであろうキーワードが予想できるかと思います。それが狙ったキーワード関連のアクセスです。

一方、ロングテールキーワードでくるアクセスというのは、月に一回くらいしか検索されないけど、非常に購入意欲があるお客さんがアクセスするようなキーワードからくるアクセスのことです。厳密には少し意味が違うのですが、感覚として理解してもらいたいので、このような書き方をしました。もう少し分かりやすく説明するために図にして みました。

その長く伸びたグラフのさまを長い尻尾(liong tail)に見立てて、ロングテールと名づけられました。これは検索エンジンがメインのサイト以外でのサイトのコンテンツによって拾ってきたキーワードで上位表示されていて、そこからアクセスがあるのです。このようにページ数が多いサイトを作成すると、SEO的にも強いのですが、他のキーワードからのアクセスも増えていって、成約率が高くなっていきます。

同時に、アクセス解析を入れることによって、そういったロングテールアクセスを自分で知ることができるので、そのキーワードを膨らませて、その関連した新たなキーワードが浮かべば、新しいサイトを作成して、よりそのジャンルのキーワードにマッチしている商品を売って、売り上げを伸ばすことも可能になります。1 つのジャンルで稼げることが分かったら、そのジャンルのキーワードを全部抑える勢いでサイトを作っていきましょう。 その方が、SEO的にも利益率的にも、いいことしかないです。

 

内部要因SEO

内部要因SEOとは?

SEOにおける内部要因といえば、webサイトの内部に関わる要因のことで、大きく分けると、 HTMLの記述方法と、サイト内部リンクの配置の2つに分かれます。自分のwebサイトを最適化させるためのSEOです。それが、サイト内のSEO対策のことです。

内部要因SEO(HTMLの記述方法)

あなたが作っているホームページには、ソースと言われるものが存在します。それを最適化するのも内部要因SEOの1つです。このソースというものはホームページを開いて右クリックすると『ソースの表示』という項目ががありますので、それをクリックすると簡単に見ることができます。

この中に書かれているタグの記述を、検索エンジンが求めるような最適化を行えば、内部要因SEOの評価が高くなります。タグの正しい使い方ができることが内部SEOの1つ目の課題です。タグを正しく記述できないとマイナス評価を受けてしまいます。

内部要因SEO(サイト内部リンクの配置)

内部要因SEOで、もう1つ大事な部分があります。それはサイト内リンクでのSEO対策です。これは、webサイトをクローラーが巡回しやすいリンク構造にするのが最大の目的です。TOPページから3クリック以内で、一番深い階層までいけるようなwebサイトにすることで、内部要因SEOの評価は高くなります。

では、具体的にはどのように最適化すれば、評価があがるのか?それは先ほども書きましたがとにかく、クローラーが巡回しやすく、どこのリンクを踏んでも、TOPページに帰れるwebサイト構造にすることです。

理由は、それ以上深い階層だとクローラーが回りにくいからです。理想のサイト構成は、すべてのページにクローラーが回ることです。クローラーが頻繁にくるサイトは自然と強いサイトになっていきます。それはつまり、検索ユーザーにとっても見やすいwebサイトの構造というわけです。googleだけでなく、検索ユーザーにとっても見やすいサイトを構築しましょう。

サイトマップ(Site maps)の重要性

さて、ここではXMLサイトマップの重要性についてお話していきたいと思います。あなたもサイトマップという言葉を一度は、聞いたことがあると思います。すでに、ご自身のホームページに設置をされている方もいらっしゃると思います。

サイトマップとはその名の通り、サイト内のページリンクをまとめたページのことで、検索エンジンと検索ユーザー双方に、そのサイトにどのようなコンテンツがあるのか?どういう構成になっているか?を、一目で分かる様に一覧にして伝えるためのものです。

通常、検索エンジンのクローラーは、ランダムに世界中にある約12億のホームページを毎日巡回しています。しかし、クローラーが巡回したからといって、webサイト内にある全てのページを確実に把握することは出来ないのです。これはページが多くなれば多くなるほど、クローラーの把握する精度が下がっていきます。その巡回精度を高めるために、サイトマップがあります。

通常サイトマップの無いサイトの場合、内部リンク、外部リンク共に、一体何が何処へ 繋がっているのか把握することが難しいのは、クローラーも人間も一緒です。しかし、1つのページから、どのページが何処に繋がっているのかが、一覧となってまとまっていたらとても把握しやすいですよね。これもロボットと人間一緒なのです。つまり、サイトマップとはその1ページを検索エンジンが読み込むことによって、全てのリンクされているページを止まることなくスムーズに巡回できるように道しるべを伝えてあげることが出来るのです。

コンテンツ(文章)の書き方

次は、いよいよ本文の書き方についてです。実は、コンテンツの書き方にもSEOのテクニックがあります。

・キーワード出現率

キーワード出現率とは、同じページに一つのキーワードが、どのくらいの数、使用されているか?1ページ中のキーワード数の割合のことをいいます。Google や Yahoo! の検索エンジンは、検索されたキーワードに対して、どういったホー ムページがユーザーの求めるサイトなのかを、判断する要因の一つとして、キーワード出現率を参照していると考えられています。

ただ、もっとも重要なことは「検索キーワードに対して、適切なコンテンツなのか?」というほうが重要視されていますので、特別視することはありませんが、キーワードの使いすぎには十分に気をつけてください。キーワード出現率が高すぎると、過剰SEO対策として、ペナルティーを受けてしまう可能性もあります。文章を読んで「くどいかな?」と感じたら、調整しましょう。

・キーワードの近接度

キーワードの近接度とは、Webページ内にあるキーワード同士の近さのことをいいます。検索キーワード同士の距離によって、キーワードとWebページの関連性が判断されるものです。複数の単語(キーワード)で検索する場合、キーワード間が接近していると関連性が高いと認識されるため、検索エンジンの表示順位が高くなります。

キーワードの近接度は重要な指標のうちの一つとされているため、複数のキーワードで検索される可能性の高いと考えられるキーワード同士は、近接度を高めることがSEO対策上有効となります。

アンカーテキストリンクの使い方

アンカーテキスト(anchor text)とは、簡単に言えばリンクされている部分のテキストのことで、リンクに使われた文字列を指します。

「<a href=”https://happymakeproject.com/18447/”>プロフィール</a>」の場合
プロフィール」がアンカーテキストリンクになります。

このアンカーテキストリンクを使うときには、サイドバーなどにお気に入りリンクや、PR リンクみたいな感じで、アンカーテキストリンクを羅列するのではなく、リンクはアンカーテキストを利用して、1つの文章に対して1アンカーリンクを心がけましょう。その方が読者にとって分かりやすいですよね。何個も文章の中にリンクを入れるのは好ましくありません。

 

外部要因SEO

外部要因SEOとは?

外部要因SEOとは、自分のサイト以外からリンクをもらうことによって評価を受ける指標です。SEOでは1番重要な評価要素と考えられます。多くのサイトからリンクをたくさんもらっているサイトは、上位表示されやすいです。

外部要因SEOを簡単に言うと、被リンクをどれだけたくさんの人にもらうか?ということです。どれだけあなたのwebサイトを色々な人が、紹介してもらえるか?そこが勝負です。

しかし、現実には、そう簡単には集まらないものです。だから、しっかりと信頼を築いて紹介してもらえるように、その分野の第一人者になりましょう。自作自演でリンクを送るのはNGです。が、こちらのコンテンツSEOの視点で見る「ブログの2つの効果」とは?でもご紹介していますが、自社のスタッフブログや社長ブログなどで、日々きちんとコンテンツを更新するブログであれば、リンクを送るのは全然OKです。

もちろん、自作自演の外部リンクを張るだけでは駄目ですが、多くの人に紹介してもらえるようなwebサイトであれば検索順位は上がって行きます。この事は、現在の検索順位の結果に如実に現れています。現在のSEO対策での順位決定要因で6〜7割くらいを占めているのではないか?と思われる外部要因SEO。検索エンジンで競合ライバルのwebサイトよりも上の順位に行くためには、多くの人に紹介してもらえるようなコンテンツが必要になってきます。

つまり、自分のコンテンツは多くの人に紹介してもらえる資産になります。紹介してもらえればもらえるほど、良質なリンクを得ることができ、検索エンジンでライバルに上位表示させることは可能です。『リンクを制するものはSEO制する!』この言葉を忘れずに、SEO対策を行っていきましょう。

 

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:かんのさん

『見せれば売れる会社事典』、私が感じた効果。僭越ながら『会社事典』のコンサルティングを受けた、私のビジネスを例に出して効果をご説明させていただきます。私は女性の初心者の方にジェルネイルを教える教室を、ブログのみで集客し運営しています。対面レッスンをしている中で、いつもお客さまに質問していることがあります。

『なぜ、数ある教室の中から私の教室を選んでくれたのですか?』

この質問に、、、

  • 『ブログの内容が分かりやすかったから』
  • 『細かく丁寧にブログを書いていて人柄が伝わって来て、菅野さんから教わりたいと思ったから』

が一番多いです。

自分の想いに共感して下さった方だけを集客できるようになりました。有名な先生だからとか、実績があり賞をいくつも受賞しているだとか、値段が安いから来たではなく(実際安くない)内容の分かりやすさと人柄等で来ていただけるようになります。何より、自分の想いに共感してきてくれます。

内容が不明瞭だと、お客さまは不安を感じて申し込みをしないことがビジネスを進めるうえで分かり、『見える化』により、自分の想いに共感してくれる、自分が思い描くターゲットのお客さまを集客することが出来るようになりました。

山下さんの有料セミナーに出てから考え方が変わり、さらにブログが進化しています。『見せれば売れる会社事典』の作り方が分かったので、もっともっと分かりやすく出来、集客しやすくなるとワクワクしています。

コンサルティングを進める中で、得られたメリットは集客だけではありません。

あなたの会社のwebサイトを『会社事典』として作り込むと、自分のビジネスにとことん向き合うことができるので、自分が何をしているのかハッキリ自覚することが出来ます。自分のビジネスの良いところがドンドンわかってきて、楽しくなってきます。ビジネスコンセプトもどんどん磨かれていきます。だからセールスに力を入れなくても売れるようになります。

売上を一気に伸ばすためには、お客さまにどんな質問をするか?どうお客さまに協力していただくか?そしてそのお声をどう活かして行くか?それが『会社事典』のコンサルティングでハッキリわかります。お客さま目線を突き詰めた最高の考え方、実践方法であると感じます。正直、誰でも出来ます。後はやるか、やらないか、、、だと私は思いました!

こんな方は是非、コンサルティングにご参加ください^^

  • お客さまの気持ちになるって何?って心でひっそり思っている方(最初、私はずっと思ってました)
  • 自分のビジネス、ネタはあってビジネスコンセプトもあるんだけど、どう進めていけばいいか迷っている
  • 今のビジネスの集客をしやすくして、もっと売り上げを伸ばしたい方・・・
  • やる気に満ちているんだけど、することが空回り、結果が出ない方・・・

詳細は、弊社クライアントさまの体験談『お客さま体験談(セルフジェルネイル教室)』をご覧ください。

新規顧客が獲得できる!『見せれば売れる会社事典』
101の集客UPコンテンツを無料提供します。

「一度試してもらえれば、商品の良さを分かってもらえるのに・・・」とお悩みのあなたへ

山下裕司

●【何が書いてあるの?】 

「見せれば売れる会社事典」のコンテンツ101種類を113ページに渡って詳細に解説しています。ただ、101種類の全てを作らなくても、わずか5つでも作れば、あなたの会社の集客に大きな変化をもたらすことも可能です。

●【内容】

 この無料PDF書かれている「会社事典」を作るための具体的な内容を使えば、あなたの商品やサービスをスーパー営業マンが伝えるのと同じように魅力的に伝えることができます。『だから売れます!!』難しい言葉は一切使わずに説明していますので、簡単です。

●【誰が教えるの?】

小さな会社を売上UPさせる「見せれば売れる会社事典」の山下裕司が丁寧に解説しています。

●【実践された方の結果】

小さな会社でも「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム工業・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・コクヨ・官公庁」など大手一流企業と、新規取引先を広げている企業も多数あります。是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。

Ebookダウンロード

 

SEO
HMPをフォローする
見せれば売れる会社事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました