ビジネスマンにとっての重要な3つの仕事とは?

この記事は約5分で読めます。

ビジネスマンにとって重要な3つの仕事とは?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

あなたは、ビジネスマンにとっての重要な3つの仕事って、ご存知でしょうか?実は、この重要な3つの仕事とは、「やりたいこと」「できること」「やらなければいけないこと」、これがビジネスマンにとっての3つの仕事です。

 

ビジネスマンにとっての3つの仕事とは?

あなたの人生は、この3つのどれに当てはまる?

  1. 「やりたいこと」:自分の身体が勝手に動いてしまうような、情熱を傾けてまでやりたいと思うことです。あなたも、”やりたいことリスト100”なんて作ったことがないでしょうか?でも、多くの人のやりたいことリストは、ちょっと頑張れば「できること」リストだということは知ってます(笑)
  2. 「できること」:今まで培ってきた経験や知識を活用して、現状の自分自身の思考や実力でやれることですね。世の中の多くの「やりたいこと」は、ほぼ「できること」に分類されるようなものだと思います。僕らはもっと、この「できること」も増やしてかなければなりません。
  3. 「やらなければいけないこと」:未来の豊かさに繋がることであれば、それは今忙しくても、それは”やらなければいけないこと”です。何よりも優先してやらなければならないことで日々追い詰められていると、今のあなたの頑張りは未来には繋がりません。もっとも頑張らねばならぬことです。

 

ビジネスマンにとっての3つの仕事をサッカーに例えると、、、

もうすぐ2020年東京オリンピックが開催されます。僕の好きなサッカー日本代表で例えるなら、ディフェンス(守備)は「やらなければいけないこと」をやり、ミッドフィルダー(中盤)は「できること」を、そして、フォワード(攻撃)が「やりたいこと」をやるというイメージではないでしょうか。もちろん、全てのポジションに全ての要素があるのは当たり前ですが、大きく分けるとこういうことになると思います。

それでは、あなたの人生はどうでしょうか?

あなたは現在の自分の人生において、「やりたいこと」「できること」「やらなければいけないこと」をどんな配分でやっているでしょうか?ひょっとしたら「やらなければいけないこと」ばかりをやっていないでしょうか?もしくは「できること」ばかりをやっていないでしょうか?あなたが自分の人生において「やりたいこと」は、しっかりできているでしょうか?

 

考えるのは仕事単位ではなく、人生単位で!

(株)Happy Make Projectという会社は、仕事とプライベートの混同を推進している会社で、仕事としてどうするべきかではなく、自分の人生と照らし合わせて全ての行動と判断をするようにしています。言い換えると、「やりたいこと」をやっていない社員に対しては、私は非常にきつくあたります。

よく、やりたいことをやるためにはやらなければいけないことをこなさなければ、、、。という事を言う人がいます。「権利と義務」なんて言葉も、それにあたるのかもしれません。しかし、やらなければいけないことをやってからしか、やりたいことができないのだとすれば、私は一生やりたいことができないのではないかと思うのです。だから私の考えはこうです。

『とにかくやりたいことをやろう!!』

やりたいことをやろうと動き出せば、そこには自分の「できること」も「やらなければいけないこと」も必ず含まれています。やりたいことをやろうとしたときにそこに含まれている「やらなければいけないこと」は、その性格が変わります。自分が本当にやりたいことをやっているときならば、「やらなくてはいけないこと」すら「やりたいこと」に変わります。

冒頭で、サッカー日本代表の例を挙げましたが、「やらなければいけないこと」を担当しているディフェンダーは、やらなければいけないから東京五輪のピッチに立つのか、やりたいからディフェンダーとして東京五輪のピッチに立つのか、そう考えれば分かりやすく、その答えはもちろん後者ですよね。

私は今、現在の自分の人生をサッカー流に言うと、2:4:4で過ごしている。(※サッカーでは、キーパーを除きディフェンス側から攻撃側に、それぞれかける人数を数字で表す。この場合、守備2:中盤4:攻撃4ということ。)つまり、「やらなければいけないこと2:できること4:やりたいこと4」という感じです。

あなたはどうでしょうか? 3:5:2か?4:4:2か?

 

私の状況は、この様になってます!!

全く余談ですが、私の最近のやりたいことは「仕事」という領域からグングン広がっていき、ヨットマンとしては、大きな帆船で大西洋横断したいですし、テナーサクソフォーン奏者としては、またモナコ公国のオテル・ド・パリで演奏したい!ですし、オールドヴィンテージワインが大好きな私としては、やっぱりドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有するロマネ・コンティ(Romanée-conti)を飲みたいですし、ロマネ・コンティの畑にも行きたい。それに似合うようなロールス・ロイス(Rolls-Royce)に乗りたい。そんな素敵なストーリーに華を添える香水も作りたい。そして、そんな人達が愉しめる社交パーティーを開催したい。

結局、「やりたいこと」をやろうと動き出せば、そこには自分の「できること」も「やらなければいけないこと」も必ず含まれています。自分が本当にやりたいことをやっているときならば、「やらなくてはいけないこと」すら「やりたいこと」に変わります。

あなたの人生は「やりたいこと」をやっている人生でしょうか?「できること」で満足している人生ではないでしょうか?仕事だけで終わってしまう人生ではないでしょうか?

新規顧客が獲得できる!『見せれば売れる会社事典』
101の集客UPコンテンツを無料提供します。

「一度試してもらえれば、商品の良さを分かってもらえるのに・・・」とお悩みのあなたへ

山下裕司

●【何が書いてあるの?】 

「見せれば売れる会社事典」のコンテンツ101種類を113ページに渡って詳細に解説しています。ただ、101種類の全てを作らなくても、わずか5つでも作れば、あなたの会社の集客に大きな変化をもたらすことも可能です。

●【内容】

 この無料PDF書かれている「会社事典」を作るための具体的な内容を使えば、あなたの商品やサービスをスーパー営業マンが伝えるのと同じように魅力的に伝えることができます。『だから売れます!!』難しい言葉は一切使わずに説明していますので、簡単です。

●【誰が教えるの?】

小さな会社を売上UPさせる「見せれば売れる会社事典」の山下裕司が丁寧に解説しています。

●【実践された方の結果】

小さな会社でも「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム工業・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・コクヨ・官公庁」など大手一流企業と、新規取引先を広げている企業も多数あります。是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。

Ebookダウンロード

 

社長ブログ
HMPをフォローする
見せれば売れる会社事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました