治具用語の良くある質問

治具用語の良くある質問

金属加工の治具:鋳造用語と解説

鋳造用語と解説。「治具」とは、加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。日刊工業新聞社刊「機械用語辞典」によると、治具(冶具)は当て字と説明されている。 「鋳造」とは、金属を熱で溶かし鋳型に流し込んで器物を作ること。
治具用語の良くある質問

金属加工の治具:樹脂成形用語と解説

樹脂成形用語と解説。「治具」とは、加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。「樹脂成形」とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法で、複雑な形状の製品を大量に生産するのに適している。
治具用語の良くある質問

金属加工の治具:プレス加工の用語と解説

「プレス加工」とは、上型下型が対となった金型の間に素材をはさみ、金型によって強い力を加えることで、素材を工具の形に塑性加工すること。一般には対となった工具のことを金型、加圧する機械のことをプレス機械と呼ぶ。「治具」とは、加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。
治具用語の良くある質問

金属加工の治具:機械加工の用語と解説

「機械加工」は、切削工具や工作機械を用いて素材を加工すること。 切削加工・研削加工・研磨などがある。 工作機械は、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどが使用される。「治具」とは、加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。
タイトルとURLをコピーしました