品質管理

トヨタに学ぶ問題解決手法!なぜなぜ5why分析

  • 「問題解決ができなくて、、、」
  • 「問題の解決手法がわからなくて、、、」

という悩みを相談されることがよくあります。

原因と考えられる要因はたくさん把握されていますが、真の問題の原因となる真因まで把握できている人はいませんので、同じ問題が繰り返し、繰り返し、発生してしまうという状況になっています。

真因が把握できていれば、問題解決は非常にシンプルになります。

改善するまでに時間がかかるものだとしても、進むべき道が明確になっている訳ですので。

トヨタに学ぶ問題解決手法!なぜなぜ「5why分析」

  • 「問題解決ができなくて、、、」
  • 「問題の解決手法がわからなくて、、、」

という状況のとき、どうやって改善しますか?

ブログの「なにが問題で、どう解決すればいいのか?」解決の糸口をなかなか見つけることはできない方は多いのではないでしょうか?

そこで、原因分析や問題解決に使えるフレームワークとして、私も13年間、トヨタの品質管理部門で勤務して学んできた、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)が取り入れている「5why」があります。

「5why」とは?

「5why」は、問題解決する際に「原因と結果との関係を明らかにする」使う手法です。

つまり、基準と現状とのギャップの要因(原因)を明確にする手法です。

根本的な真因を発見する「5why」

問題が解決しないのは、真因が特定されておらず、その真因が残ったままだから、問題が繰り返し発生してしまうのです。

解決すべき課題を発生させている原因を究明し、真の要因を突き詰め、その真因を取り除くことによって目標を達成できます。(真因とは問題を発生させる真の要因のこと)

5W1Hとは

物事を具体的に述べるときに便利なフレームワーク「5W1H」というのがあります。

この手法は、疑問を持って幅広く問う場合に使われますが、この5W1Hで、問題解決では表面的な問題の発見に留まってしまい、対策も表面的なものとなってしまいます。

  • Why(なぜ:必要性の追求)
  • What(なに:対象物)
  • Where(どこ:場所)
  • When(いつ:時期)
  • Who(だれ:人)
  • How(どのように:方法)

5Whyとは

トヨタの現場では、根本的な真因を発見する方法として「5Why」を使います。

  • Why(なぜ:原因を考える)
  • Why(なぜ:その先の原因を考える)
  • Why(なぜ:そのまた先の原因を考える)
  • Why(なぜ:そのまたまた先の原因を考える)
  • Why(なぜ:そのまたまたまた先の原因を考える)

問題点の真因を発見するには?

問題点の真因の発見のためには、先入観を持たずに白紙になって観察することや、事実の背後にある真実を発見することが重要になります。

トヨタでは、現地・現物・現実という「三現主義」を徹底していましたので、「この目的は何か?」を明確にして上で、半日ぐらいは問題が発生する現場にジ~ッと立ち観察していました。

様々な要因のうちから真因を見極める

この「5why」は、「なぜ?」を5回問うことにより、様様な要因のうちから真因を見極めるための手法です。

もっと噛み砕いていえば、問題が起きた時に「なぜ問題が起きたのか?」と掘り下げて問うことです。

これは、トヨタの元副社長の大野耐一氏の著書「トヨタ生産方式」の中で、5回の「なぜ」を自問自答することで、事象の因果関係や、真の原因を追究できると書かれています。

なぜ「5why」が必要なのか?

問題の真因(根本的な原因)にたどり着く

この「5why」は、「なぜなぜ分析」や「なぜなぜ問答」ともいわれています。

この「なぜ?」を5回繰り返す目的は、問題の真因(根本的な原因)にたどり着くためであり、因果関係をつきつめていくための手法として、この「5why」が有効なのです。

「なぜ?」を繰り返さないとどうなるのか?

その場合は、表面的な思考・行動に陥りがちになります。問題の真因まで辿り付けないからです。

様々な要因が上がると思いますが、要因はあくまでも、1つの可能性なだけです。事実に基づく管理であるファクトコントロール(Fact Control)の思考こそが、真の原因にたどり着くことができます。

なぜ?と問いかけるところが、5whyのスタートです。

「5why」は、こう考える

「トヨタ生産方式(著:大野耐一氏)」より

さきほど挙げた「トヨタ生産方式(著:大野耐一氏)」では、機械が動かなくなったと仮定して、「5why」の実例が紹介されています。

  1. 「なぜ機械は止まったか」→「オーバーロードがかかって、ヒューズが切れたからだ」
  2. 「なぜオーバーロードがかかったのか」→「軸受部の潤滑が十分でないからだ」
  3. 「なぜ十分に潤滑しないのか」→「潤滑ポンプが十分くみ上げていないからだ」
  4. 「なぜ十分くみ上げないのか」→「ポンプの軸が摩耗してガタガタになっているからだ」
  5. 「なぜ摩耗したのか」→「ストレーナー(濾過器)がついていないので、切粉が入ったからだ」

これが真因を突き詰めるということ

1回目の「なぜ?」では、機械は止まったのは、ヒューズが切れたことが原因として挙げられました。

しかし「なぜ?」を繰り返して、5回目の「なぜ?」では、ストレーナー(濾過機)がついていない、ということが「真因」だと分かりました。

1回目の「なぜ?」で分かった、ヒューズ交換をしても、何度も機械は止まる事になります。

真因の対策ではなかったため、こうやって「5why」を繰り返すことで「真因」にたどり着き、根本からの問題解決をが可能になります。

「5why」は実践できるのか?

「5why」は、なぜ?(why)を繰り返し、繰り返し行うことで、物事を本質的に考えるようになるための手法になります。

多くの人が「5why」のことを知っていても、実践する人が少ないのは、繰り返して問うことを、慣れていないと、非常に骨の折れる作業になるからかもしれません。

ロジカル思考が鍛えられる

「なぜ?」と自問自答を掘り下げることで、「5why」を身につけると、ロジカルに物事を考えられるようになります。

論理的に物事を理解する力がつくことで、あらゆる視点から物事を見る力が付きます。

まとめ

  • 「問題解決ができなくて、、、」
  • 「問題の解決手法がわからなくて、、、」

など、問題解決に行き詰まってしまうことは、だれでも経験することです。

現象の裏にある真実。

そこまで真因まで把握できれば、問題解決で迷うことはなくなります。

-品質管理